食べ物

赤ウィンナーに言いたい|安っぽい味でありがとう

 よくお弁当にタコになった赤ウィンナーが入っているシーンをドラマやマンガなんかで見かけるけど、実際に入っているのを見たことがない。僕自身入れてもらった記憶がないしリクエストした記憶もない。


 でも、居酒屋なんかだとたまに置いてあって、見かけるとつい注文してしまいます。そんなに子供の頃食べた記憶がないんだけど、懐かしい味だなと感じてしまう。覚えてないだけで、食べていたのだろうか。

自分で作るソーセージもおいしいですよね。でも家では機械がないしめんどくさい。


 でも、赤ウィンナーっておいしいかな。絶対に他のウィンナーの方がおいしいと思う。あの安っぽい味に何を使って着色しているか分かったもんじゃないわざとらしい赤色。独特の味だから魚肉でも入ってるんじゃないかなんて思ってしまう。でも、入ってないようだ。


 赤ウィンナーを食べるくらいなら、シャウエッセンやアルトバイエルンとかジョンソンビルの方がよっぽどうまい。ウィンナーはソーセージの一種で太さが20ミリ未満のものをいうらしい。他のウィンナーやソーセージは、焼くとパリッとして粗挽きのやつなんて歯ごたえがあって肉を食べてる感じが堪らない。赤ウィンナーは、上手に焼かないと皮がはじけてしまうこともよくあり大変めんどくさい。


 どうも時代が豊かになる前は、材料にいい素材を使えなかった為、見栄えを良くするために赤く着色したそうで、最初は日本で作られたものの様です。そんな代替品やごまかしから生まれた上、他にもおいしいウィンナーが散々あるんだから、赤ウィンナーなんて食べなくてもいいのに何故かあると注文してしまう。文句ばっかり言いましたが、結局大好きなんです。

 

ちょっと上品な赤ウィンナー。


 赤ウィンナーってタコばかりでなく蟹になったり、他にも色々と加工できるみたいで、子供が小さいときはきっと喜ぶんだろうと思う。子供の喜んだ顔は思い出せないけど、ブログ書きながら赤ウィンナーをタコにして焼いていた記憶が思い出された。自分用にタコさんへ加工して食べてたのなら、少し悲しい。でもきっと自分用だった気がする。


 そんな赤ウィンナーだけど、業務用スーパーに行くと大量に袋詰めされたものをお手頃な値段で買うことができる。こんなの焼いてお酒飲んでたら一袋なんてあっというまだろう。ケチャップ付けたりマヨネーズつけたり辛くしたりとバリエーションもかなり広い。焼かないで油で揚げてもおいしそうだ。

切れ目入れてもいいですね。舌触りがよくなります。


 でも、家だとめんどくさくて電子レンジでチンして食べてしまうからもったいない。家もいいけどお店で鉄板の上に乗せられて、ちょっと高級感をだした赤ウィンナーも捨てがたい。

安くて助かります。


 あー、赤ウィンナー食べたくなってきた。今晩は、赤ウィンナーで晩酌と晩御飯にすることにしよう。でも、きっと健康には良くないんでしょうね。

 

居酒屋にあるようで案外ないんですよね。あると嬉しい。なんだかんだで必ず注文しています。大好きです!

 

 

-食べ物

© 2020 たいしのブログ