ゴルフ 旅行

忙しい人にオススメなマンギラオとタロフォフォのグアムゴルフツアー

2020年12月10日

ゴルフにハマって、ずいぶん経ちますが、しばらく前に諸先輩方に誘われて、グアムでゴルフをして参りました。

マンギラオゴルフクラブとタロフォフォゴルフクラブの2ラウンドがパッケージになったツアーがあり、連れて行ってもらいました。

数年前に行きましたが、今でもパッケージツアーは募集されています。

 

で、道中割愛して、グアムに到着。

アメリカですね。

アメリカ本土は遠いけど、グアムならすぐです。

 

タモン湾

夜中に到着して、寝たか寝ないか、分からないままゴルフ場に向かいます。

 

昼間はこんな感じ。遠浅の海岸がきれいです。

グアムの西海岸にあるタモン湾のタモンビーチ。有名な観光地です。

そして、有名な恋人岬が奥の方に位置しています。


でも、今回はゴルフツアー。

ほとんど観光をしていません。

 

初日に向かったゴルフ場は、マンギラオでした。

 

マンギラオゴルフクラブ

マンギラオゴルフクラブに到着です。

 

観光客向けなので、ショップも充実しています。

 

レストランから見えるコースが美しい。

海沿いのリゾートコースです。

 

スコアカードと一緒にもらえた、マーカーとティーがかわいいですね。

 

インからスタートしました。

海を期待したのですが、全く見えませんでした。

 

と思っていたら、12番で海越えの名物コースが、すぐ表れました。

 

どこに行っても、日本語で記載してあります。

日本人向けに作られたかのようなゴルフ場ですね。

でも、ジャングルに入った場合の表記があるのが、日本ではありえません。

 

本当にきれいな海でした。

こんな海に打てるだけで、気持ちがいいのですが、乗ったら最高だろうなぁ、と思ってマン振りしてみたら...

 

なんと1オン!

スコアはともかく、これだけでグアムに来たかいがありました。

 

続くコースも海沿いです。

気持ちよくプレーできて、リゾート感に溢れていました。

 

お昼御飯は、チャモロ料理。

と思いましたが、日本で頼めるメニューばかりです。

海外感をあまり感じません。

ゴルフ場での会話も、全て日本語で大丈夫。

というか、グアムで英語を全く使わずに済んでしまいました。

話せませんけど。

 

パンフレットを見ても、海越えホールがイチオシされていますね。

 

タモン地区

初日のゴルフを終えた後は、タモン地区へ戻ります。

戻って来ても日本みたい。

 

でも、海はきれいです。

 

繁華街を歩いていると、ショップも多くて、結構都会だなぁと思えます。

 

でも、上から見るとすぐに郊外です。

その分、短い滞在時間でも街を楽しむことができました。

 

ジャンクな食べ物もあれば...

 

回転焼肉!?もある。

回転焼肉って、日本でも珍しいですよね。

三重県松阪市の「一升びん」くらいしか思いつきません。

 

回転寿司・焼肉ってことは、寿司もまわっているのか。

 

のぞいちゃいました。

確かにお肉がまわっています。

おもしろいけど、グアムらしいものを食べたいですね。

 

甘いものが苦手なのですが、ゴディバで飲んだチョコレートドリンクは、甘すぎずに美味しかったです。

日本なら、絶対飲みませんが、旅先なら試してみようと思えるから不思議ですね。

 

ステーキハウスhy’s

晩御飯は、ステーキハウスのhy’sへ行きました。

 

もう日本では、なかなか食べることができないタルタルステーキ。

食べれないと思うと食べたくなります。

 

いかにも美味しそうに焼いてくれます。

 

実際おいしかったです!

油が少ないのに、めちゃくちゃ柔らかい。

お腹いっぱいになって、満足して就寝。

 

二日目のラウンドは、タロフォフォゴルフクラブです。

 

タロフォフォゴルフクラブ


マンギラオと違って、山間に作られていますので、海は見えません。

 

タロフォフォゴルフクラブも観光客向けなので、ショップが充実。

見ていて楽しいです。

 

このゴルフ場、室内練習場も充実していました。

エクスプランナーを試してみたら、オンプレーンのスイング軌道がどんな感じかを体感することができました。

その横のトレーニング器具も、かなり負荷がかかり、鍛えられます。

でも、ラウンド寸前には、やらない方がいいですね。

そんな簡単に上手になれるなら、どのゴルフスクールにも置いてあるはずです。

ちなみにちょっと調べたら10万円以上しました...

自分で買うものではないですね。

 

マンギラオはインスタートでしたが、タロフォフォはアウトから。

やっぱりアウトからスタートした方が、気持ちいいと思うのは、僕だけでしょうか。

 

山間の自然に囲まれているので、海沿いのマンギラオとは違った開放感があります。

 

お昼御飯でビールをいただきました。

ミラーのライトビール。

アメリカですね。

そして、ピッチャーのサイズも大きい。

 

ポキをいただきます。

でも、グアムでは、あまりマグロが捕れないみたいです。

 

で、結局カツ丼と担々麺。

もう少しグアムらしいものを頼みたかったのですが、メニューがかなり日本よりでした。

 

グアムでの2ラウンドを終えて、タロフォフォを後にします。

 

タモンビーチとシャトルバス

途中でタコベルを見かけました。

日本では、まだ店舗数が少ないのですが、タコスを自分の好みでオーダーできるそうです。

食べてみたいけど、住まいの近隣にないのが残念。

 

帰りの道中、タモン湾がきれいでした。

 

せっかくなので、浜辺に来てみました。

でも、全く泳がず。

今度はのんびりと来たいものです。

 

せっかく乗車券をもらっていたので、少しお買い物にも出かけます。

 

ちょっと足を伸ばして、Kマートへ向かってみました。

 

と言っても、普通のホームセンターみたいなものです。

 

ここでもゴルフ用品を見てしまいました。

 

買い物をして戻ると、街はすっかり夕暮れ。

 

韓国料理

強行軍で行ったグアム最後の晩餐は、韓国料理。

結局グアムらしいものを食べなかった気がします。

そういう観光地ですので、仕方がないかも。

次回は、ナイトマーケットのチャモロ・ビレッジや、デデドの朝市なんかにも行ってみたいですね。

 

韓国料理らしく、ハイトビールのグラスでビールを飲みます。

でも、中身はスーパードライです。

 

焼肉は、ダイナミック。

グアムだけど、韓国みたい。

 

〆に冷麺やビビンバをいただいて、大満足な最終日になりました。

 

まとめ

そのまま寝て起きたら、あっという間に雲の上。

なかなか、じっくりと時間をかけて海外に行くことは、日常生活では難しいですが、ちょっと無理すればグアムは国内旅行みたいに手軽です。

今回は、ゴルフばかりでグアムらしい、アクティビティを楽しんでおりませんが、何もしないでゆったり海を眺めて滞在するのもありですね。

早く、海外にも行きやすくなることを願っております。

-ゴルフ, 旅行

© 2021 たいしのブログ