商取引と契約

「契約書の必要性」

事業を始めると何気ない活動が、契約行為であることが多いです。

軽い口約束でも契約が成立することはありますので、契約書を正式に交わすことがリスク管理の第一歩になるかもしれません。

口頭やメモ書きくらいでも契約は成立してしまうことがありますので、リスク管理が大切です。

「契約書のポイント」

契約書をチェックする場合、押さえておかなくてはいけないポイントがあります。

肝心な条項が抜けていると、トラブルになった時に作った意味がなかったなんて事にもなりかねません。

契約書には押さえるべきポイントがあります。
作っただけでは、トラブルの時に守ってくれません。

リスク条項の必要性

契約書に定めておかなくても、民法や商法に紛争処理の方法が規定されています。

とは言え、ケースバイケースで個別に決めていかないと思わぬ損害を被る虞もあるのです。

リスク負担の内容をしっかりと定めておかないと、紛争時に思わぬ損害を被ることもあるのです。

よく定められる解除条項

簡単に契約を解除できると、自分だけでなく他の取引先にも影響を及ぼします。

何があっても契約解除ができないのも困りものです。

お互いの利益を考慮しながら解除できる場合の落とし所はどこにあるのか解説致しました。

簡単に契約を解除されては困りますが、何があっても解除できないのも困ります。
お互いに折り合える解除条項とは。

 

HOME
起業・副業

続きを見る

© 2020 たいしのブログ