商品

故障した任天堂Switchのドックが突然直って映った解決策

少し前に任天堂Switchのドックが故障して、修理に時間もかかりそうなので、純正品を買う代わりにAMAZONで売っていた他社製品のドックを購入した経緯を御紹介しました。

 

Switchのドックを修理へ出そうと思った動機

その後何の支障もなくスイッチを楽しめており、この製品自体には全く不満もなく、こどもと「あつまれ 動物の森」を楽しんでいます。ゲーム自体はあまり進んでいませんが、もし壊れたドックが直ったら、パソコンのモニターに設置して、リビングのテレビだけでなく他の場所でもできるといいなぁ、なんて考えていました。

 

ゲームをしているとテレビが見れない状態なので、ちょっと不便だったんです。それで、時間かかってもいいから修理に出そうと思ってNINTENDOのホームページを調べながら準備していました。電源と接続コードをドック自体の料金から差し引くと、修理代も安いとは言えないかもしれません。

 

Switchのドックを修理へ出す準備

状態をちゃんと伝えなくちゃいけないって思い、モニターに接続して以前の不具合状態を記録しようと準備しました。

モニターに接続。
全て純正品を使用しています。

以前何度抜き差ししても充電はされませんでしたし、モニターにも接続できませんでした。その様子を撮影して残します。

抜き差しを繰り返しました。

 

任天堂へ状況説明するための記録

前回、何度抜き差ししてもモニターに映らなかったので、それを再現。

やはり修理しかないなとこの時点であきらめています。

電源ランプが一瞬付くのがお分かりになるかと思いますが、その位置で止めても、押し込んでも消えてしまうんです。

この電源ランプ部分だけ分かる様にしっかり撮影しようと、スイッチ本体を差し込みっぱなしにして、左側だけ上下させ抜き差ししてみました。

右側は付けたまま左側だけ上げ下げしています。

 

突然直りました

すると、電源が入ってモニターに画面が映りました!!

そんなにたいした違いはないと思うのですが、これ以降ちゃんと接続できるようになってくれました。

あれだけ試行錯誤して、悩んだのに拍子抜けするくらいあっさり直りました。

無事接続!少し長めにご覧ください。

結局原因は何だったんでしょう...

解決方法としてはレアケースでしょうね。

 

考えられるドックの故障原因

故障原因はいくつかあります。

  1. ドックの物理的故障
  2. スイッチ本体の物理的故障
  3. ドックとスイッチの接触不良
  4. USB-Cケーブルの不良
  5. ドックにSwitchを差し込めていなかった
  6. モニターの不良
  7. ほこりが溜まっていた

色々と原因を洗い出して、ケーブルを変えたり、接続先を変えたり、掃除をしたり、といったことを手を変え品を変え、散々やったのですが、いとも簡単に直りました。

モニターに画面が映らない原因は、上記の7つのどれかになるとは思いますが、今回は結局原因が分からないままでした。

それでも解決したので、Switchのドックが壊れて画面が映らないときには、解決例の一つであることは間違いないので、試してみて下さい。

 

まとめ

まとめる程のことではありませんが、解決策として記載します。

  • モニターとドックを接続して、Switchをドックに取り付ける
  • 片側だけ上げ下げして、抜き差しをする

結局、この2つだけでした。

この直し方と言えない方法ですが、これでも直らないときは、あきらめて修理に出すしかなさそうです。

前回の記事で紹介したドックも優れものですが、他にも小さくて使い勝手がいいものから、携帯用に便利なものまでありますので、ちょっと御紹介致します。

 

イチオシドックです!見た目もサイズもバツグンの使い勝手!!

 

据え置き型のコンパクト

 

持ち運びに最適サイズで軽量!

 

コスパがいい持ち運びタイプ

よろしければ、こちらもお試し下さい。

 

色々ありますが、そうは言っても、コードと接続ケーブルがセットで附属されてしまうものの、やはり純正品の安心感にはかなわないません。

【任天堂純正品】Nintendo Switch ドックセット

【任天堂純正品】Nintendo Switch ドックセット

7,598円(12/05 09:07時点)
Amazonの情報を掲載しています

用途に応じて選べると便利ですね。

関連記事
任天堂Switchドックが故障したので、バッタもんを試してみました

続きを見る

関連記事
ドックを含めたSwitchの故障を防ぐオススメ周辺機器の御紹介

続きを見る

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

-商品

© 2020 たいしのブログ