商品

火加減気にせずワンタッチ!放置で時短になるバーミキュラライスポット

2020年5月9日

家電量販店でも、ちょっと構えたコーナーを作っていたり、ネットや雑誌でも取り上げられていたので「バーミキュラ ライスポット」の存在だけは知っていました。

似た製品に「ストウブ」「ル・クルーゼ」がありますが、もっぱら贈答品としか見ておりませんでした。

そう言えば、結婚式の引き出物に「ル・クルーゼ」をもらいましたが、押し入れに眠ったままです。

 

便利なホーロー鍋

どれもホーロー鍋なのですが、その素晴らしさに関心さえ持たずに、過ごしておりました。

特に「バーミキュラ」は、密閉性において0.01ミリ単位の精度の高さが特徴で、水なしで食材を加熱する無水調理が得意です。

特に、野菜の甘みを引き出したり、御飯がおいしく炊けると評判になってました。

よく見る通販番組の様に「でもぉ~、お高いんでしょお~」なんて思っていて、確かに家庭用調理器具としては、確実に高価な部類へ入ります。

まぁなくても困らないし、いくらご飯が美味しく炊けるとしても、「うちの炊飯器だって美味しく炊けるよ」って見ないふりをしておりましたら、突然我が家にやって来ることになりました。

ある抽選会で、幸運にも1等の商品として、当ててしまったんです。

これには自分自身ビックリで、結婚式2次会のビンゴでも当たった試しがないのに、いきなり宝くじでも当てたかの様でした。

 

バーミキュラライスポット

いただいたのは、「バーミキュラライスポットミニ」

食べ盛りの男子高校生もいる5人家族なので、ミニではちょっと小さいかなと思いましたが、ちょうどいいサイズです。

むしろ、サイズよりも驚いたのは、その機能でした。

炊飯はもちろんおいしいのですが、無水調理から低温調理までこなすスグレもの。

 

もちろん、焼く、煮る、も得意です。

3種類の火加減が、調整可能です。

 

低温調理も得意

一時、低温調理にハマって、いろいろと試していた時期があったのですが、なかなか専用の器具まで購入するまで行かず、ヨーグルトメーカーで無理矢理作ったりしておりました。

 

ご飯炊くだけかと思ったら、30~95℃まで1℃単位で温度設定が可能です。

早速、いろいろやってみました。

でも、料理しながら写真を撮る習慣がないせいか、調理に夢中になってしまいます。

撮影が料理の流れを一貫して撮れませんでしたが、バーミキュラライスポットを使ってみた様子を載せてみます。

 

実は、ミニの方が場所を取らなくて、使いやすいかもしれません。

 

叉焼のブロック肉もちゃんと入ります。

 

牡蠣を油と一緒にジップロックに入れて、煮込みました。

 

一定温度で維持できるので、簡単に低温調理を扱うことができます。

ちょっと、うまみがオイルに抜け出てしまいましたが、この牡蠣オイルを他の料理に使ったら美味しかったです。

 

材料入れ込んで、火加減と時間設定するだけで完成。

 

ほっておくことができるので、楽チンです。

 

見た目は悪いですが、65℃の低温調理も簡単。

 

お肉が赤いままですが、ちゃんと火がとおっていました。

バーミキュラ カレールー セット

バーミキュラが出している、無水カレーのセットで作ったら絶品でした。

お店のカレーと遜色ない出来!さすがバーミキュラ専用の料理キットです。

 

作り方は、材料を刻んで煮込むだけ。

トマトや玉ねぎといった、水分の多い野菜がメインです。

 

煮込み終わったら、ルゥ、スパイス、チャツネを入れて、混ぜ合わせます。

 

ちょっとてんこ盛りでしたので、見栄えが悪くて申し訳ありません。

でも、ライスポットミニだと、半分の量で4人前しか作れないと書いてありましたが、お肉だけ別で炒めて後から入れたら、8人前をミニでも作ることができました。

 

僕の力じゃなくセットのおかげですが、奥さんにも美味しいって言ってもらえました。

 

バーミキュラビレッジ

バーミキュラライスポットをいただいてから、すっかりバーミキュラの魅力に取り憑かれてしまいました。

 

そんな折りに、新製品のバーミキュラフライパンが新しく出たので、見たくなって、名古屋市中川区にある「バーミキュラビレッジ」へ行って来ました。

 

お目当てのフライパンは、大きさが2種類あって、そこの深さが異なります。

どちらもずっしり重く、しっかりしており、やっぱり実物を見ないと分からないものですね。

フライパン振って使う様なお料理だと、女性には厳しいかもしれません。

 

と思いながら横にあったレシピ集を見てみたら、置いて調理するものばかりなので、余計な心配でした。

詳しくはホームページ見てもらった方がいいですね。

 

バーミキュラビレッジは、中川運河沿いに位置していて、とてもよい佇まいでした。

色々と状況が落ち着いたら、もう一度行ってみたいと思います。

 

平常時には、イベントも色々とやっているみたいでした。

ちょっと、残念。

 

放置して料理できる

かなり高機能なバーミキュラライスポット。

僕がよく作るのは、砂肝のコンフィ。

バーミキュラの機能を使い切れておりませんね。

でも、安くておいしいんです。

切って、オリーブオイルに入れ込んで、ニンニクや調味料を加えて、ほっておくだけ。

僕が性能を完全に使いこなしているか疑問ですが、お高めのお値段もバーミキュラの機能からすると、かなりお買い得なのかも知れません。

 

温度を一定にできる

先ほど低温調理で触れましたが、バーミキュラライスポットは、温度を一定にできます。

なので、調理以外にもこんな使い方ができて、重宝しております。

 

とてもやりやすかったのは、チーズフォンデュです。

フォンデュ鍋の代わりに、ずっとチーズを温めたまま、最適な温度を保つことができます。

これは、通常のライスポットより、ミニの方が適切な大きさでした。

家族5人でつつくのに、ちょうどよかったです。

 

何でも応用が効くものですね。

ミニの方が、手軽に移動できるので、他にも色々できそうです。

 

プレゼントに最適

バーミキュラライスポットは、ちょっと高価ですが、奥様へプレゼントすると、絶対に喜ばれると思います。

置くところないでしょ!って怒られても、使っている内に気に入ってもらえること間違いなしです!!

材料仕込んで、放置しておけば仕上がるので、きっと楽に時短ができると思います。

バーミキュラライスポットには、それだけの価値はありますよ。

 

サイズ的に、バーミキュラライスポットミニで5人家族が不自由しません。

でも、もう少し大きかったら楽だなと思うこともあります。

ご家庭の用途に合わせて、選択してみて下さい。

 

バーミキュラフライパン

結局その後、バーミキュラフライパンも買ってしまいました。

こちらも優れものです。

詳細は、こちらをご覧くださいね。

 

-商品

© 2021 たいしのブログ