ゴルフ

ガーミンアプローチS40オートショットでスコアもよくなる?

腕時計タイプのGPSゴルフナビもたくさんあって、グリーンまでの距離を教えてくれるものは珍しくありませんが、ガーミン(Garmin)の「Approach」シリーズは、「オートショット」機能を搭載していて、GPSを利用しショットの位置を自動で記録してくれます

後からラウンド中にどこへどう打ったかを確認することができるので、振り返って反省することができます。

ガーミンとは?

ガーミン(Garmin)社は、1989年にアメリカで創業した企業で、ゴルフウォッチばかりでなく、GPS製品に力を入れており、航空、海洋、自動車、アウトドア、およびフィットネス市場におけるトップブランドとして知られています。

その中でも「Approach」シリーズは、日本国内ほとんどのゴルフ場を網羅しているのでゴルフを快適に楽しむことに特化しています。

ガーミンアプローチもいくつか種類があるのですが、使いやすさやとお値段からすると性能も考えて、求めやすさでは、「S40」が一番選択しやすいかと思います。

右から発売された順番に並んでいます。

ガーミンS40の機能

ライフスタイルデザイン

43gと軽量。

ゴルフ以外のライフスタイルシーンでも活躍。屋外での使用を想定して設計された半透過型液晶は、ゴルフだけにとどまらず、あらゆるシーンにおいて抜群の視認性を発揮。バンドの交換もワンタッチで可能。

 

ガーミンオートショット対応

ショットの位置や使用クラブの番手を自動で記録。

ラウンド後にデータを専用アプリ「Garmin Golf」にアップロードすることで、ショットの振り返りを行うことができます。

 

ヤーデージ計測/グリーンビュー

シンプルで見やすいヤーデージ計測。ウォッチの画面を見れば、グリーン手前、中心、奥それぞれまでのヤーデージが一目でわかります。

鮮明なグラフィックによるグリーンビュー機能で、グリーンの形状もすぐに把握でき、ワンタッチでピン位置も変更可能。

 

レイアップ/ハザード/ドッグレッグ情報

ハザードやドッグレッグポイントまでの距離を表示。

 

スマートウォッチ機能

Approach S40を互換性のあるスマートフォン3とペアリングすれば、電話の着信やメールの受信、その他の通知をウォッチに表示可能。

 

S62が一番高性能ですが、ラウンド中だけ使用する方は、S40で充分です。

ちなみにS40にない上位機種の機能としては以下の違いがあります。

 

ガーミンS40にない機能

ウォッチフェイスをカスタマイズ

S60やS62と違って、Connect IQストアからカスタムウォッチの文字盤、アプリ、ウィジェットをダウンロードし、デザインをカスタマイズすることができません。

日常もS40を使う人には、少し物足りないかもしれません。

 

バーチャルキャディ

S60やS62では、プレーの傾向を把握し、風速や風向きを考慮しながら、推奨のクラブや打つべき距離を表示してくれます。
※過去5ラウンド以上のラウンドデータを記録したGolfアプリとのペアリングが必要です。

 

PLAYSLIKE DISTANCE(高低差情報)

S40では、コースの高低差を考慮した推奨距離は、表示してくれません。S60やS62では、高低差情報からワンタッチで高低差を加味しない水平距離に変更も可能です。

この機能は、S40にも欲しい機能ですね。

 

ピンポインター

ピンの方向を表示してくれるので、ブラインドショットでも安心してピン方向を狙うことができます。

この機能は、なかなか利用する機会が少ないかと思います。

 

GARMIN PAY対応

S40では、GARMIN PAYに対応していません。

S62からは、SUICAも使えるようになりました。

 

マルチスポーツ対応

S40は、ゴルフに特化しており、ランニングやサイクリング、水泳など各アクティビティの計測には、対応していません。

 

光学式心拍計

S40では、光学式心拍計が使えません。

また、消費カロリーや睡眠の情報など、他の機種でできる健康をサポート機能もなく、ランニング時の心拍計測にも対応していません。

 

ゴルフに特化したS40

と、かなりありますが、ゴルフウォッチとして欲しいのは、「高低差情報」がS40でもあったらよかったなぁと思うくらいです。

とは言えこの機能も、そんなに気になりません。

おそらく、ガーミンのゴルフウォッチを欲しい方は、日頃は別の時計を使う方だと思いますので、かえって余分な機能もなく、コンパクトなS40の方が、充分過ぎる機能化と言えます。

で、肝心の「Approach S40」ですが、発売されてからもう随分経つものの、未だに大人気商品のままで、僕の周りにも使っている人がけっこういます。

 

もう随分使い込んでいます。

 

使い勝手は、ゴルフ場に着いたらボタンを押すだけ。

後は勝手にどのコースか探してくれます。

ゴルフウォッチとして当たり前の機能であるグリーンまでの距離や形状の把握はもちろんですが、ハザードやドッグレッグポイントまでの距離も表示してくれます。

 

バンカーの入り口出口まで表示。

 

でも、ガーミンシリーズで一番便利で楽しい機能は、「ガーミンオートショット」です。

ショットの位置を自動で記録してくれます。

ラウンド後にスマホのアプリ「Garmin Golf」を見ることで、ショットの振り返りを行うことができます

この機能が楽しくて、いかに自分がダメだったかを後から思い知らされることになるんです。

ゴルフ後の飲み会も楽しくなります。

 

スコアも自動的に付けてくれ、アプリに残ります。
打った位置を自動で記録!
セカンドでダフってますね...
グリーンで4パットしてますね...

デザイン面もいい「S40」ですが、この機能のよさに惹かれ購入してしまいました。

ただ、使っていてちょっと不便だなぁと感じた点もあります。

打つ度にどのクラブで打ったか聞かれるので、入力がめんどくさいのとショットのショックが少ないからか、パットの回数までは記録してくれません。

 

全てのショットを記録するクラブトラッキングセンサー
(別売り)

クラブの種類やパット数を手動で入力するのですが、プレー中はちょっと煩わしいですね。

で、調べてみたら、ガーミンの周辺機器に「トラッキングセンサー」なんてものがあるじゃないですか!思わず購入してしまいました。

機能としては

  • ラウンド中、全てのショット位置、飛距離、使用クラブの番手を記録。
  • アプリ上でラウンドデータを確認可能。
  • チップやパットの各ショットも記録可能。
  • Strokes Gained、パーオン率、フェアウェイキープ率をの分析。
  • ゴルフ対応のGarminウォッチで使用可。
  • クラブのグリップエンドにねじ込むだけの簡単取付。
  • ショットの動作に応じてセンサーが起動、ショットごとの操作は一切不要。

との素晴らしさ!現品はこんな感じです。

 

この独楽みたいなセンサーをグリップエンドの穴に取り付けます。

3個パックと14個パックの2種類ありますが、やっぱり14個欲しいですね。グリップが長くなったように感じてしまい、違和感を覚えますが、すぐに慣れてしまいました。

 

 

本当に優れもので、チップやパットの各ショットもすべて記録する上に、スマホのアプリで計測したデータを分析してくれるのです。

ちょっとお見せするのが恥ずかしい僕のデータですが

 

こんな感じにデータを残してくれます。ちょっと余計な御世話かと思うのは、自分の腕が足りないせいですね。

 

ゴルフの見える化

繰り返しになっていまいますが、ラウンドにおけるショット位置、飛距離、使用クラブの番手を記録しアプリ上に記録して後から見返すことができるので、自分のゴルフの見える化ができるのです

スコア管理だけでなく、どのショットがスコアに貢献しているのかを示すStrokes Gainedやショット毎の左右へのばらつき、1~3パット以上の比率といった詳細データも表示されます。

これらの「スタッツ」分析・解析を活用して、先入観や思い込みといったメンタル要素を排除でき、客観的に自身の弱点を明確化することができます。

ちょっと僕にはまだ使いこなせておりませんが、上級者なら活用できそうですね。

ラウンド中もラウンド後も楽しいガーミン「S40」。

最新の「S62」も魅力的ですが、他にスマートウォッチを持っていて、ゴルフに特化するならば、S40は大変オススメです。

ゴルフへの取り組み方も熱心になりますし、スコアもアップするかもしれません。

たぶん。

【SALE】GARMIN(ガーミン)■Approach S40(エス40)【腕時計型】ゴルフナビ(GPS機能)【11290】

価格:30,580円
(2020/6/5 19:13時点)
感想(3件)

これからゴルフを始める人も、現在楽しんでいる方も、是非ご活用下さい!

でも、最上級モデルの「S62」もいいですね。今なら初回販売分限定で、「トラッキングセンサー」が3本付いて来るみたいで、かなりおトクです。

センサーを別売りで買うと3本セットで13,000円位しちゃいます。

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

-ゴルフ

© 2020 たいしのブログ