未経験者が副業で不動産投資|買い方から運用まで一連の流れを解説

年々各企業でも推奨され始めている副業ですが、いろんな種類があります。

ブログアフィリエイトの様に、蓄積型の資産になって、お金を生み出してくれる仕組みづくりは、とても魅力的です。

ちょっと勇気がいりますが、不動産投資も副業として扱うには、大変秀逸なのです。

未経験の状態から、収益物件に手を出して、苦労をしながら、利益を得ていく経験談をストーリー仕立てで御紹介します。

収益物件の買い方から運用まで、一連の流れの解説です。

 

収益物件を買うきっかけと物件を選んだ経緯

ひょんなことから、収益物件を購入することになりました。マイホーム以外の不動産を購入することは、なかなか機会がないものです。

不動産投資で収益物件を購入し、運用していく過程の中で、実際に出会った用語や知識、出来事などを紹介していきます。

 

買付証明書の提出から売買契約までに何をする?

収益物件を購入するまでは、不動産屋さんが御世話してくれますが、その後のことまでは面倒をみてくれないので、自分で管理する必要があります。

家賃収入を得るということは、自分が事業者になるということを、しっかり認識しておかなければなりません。

 

買主が売買価格の内訳を決めることができる?

最初に収益物件を買うときには、分からないことだらけです。

しかし、その都度出てくる仕組みや用語を理解していけば、一歩一歩詳しくなっていきます。

機会を大切にして、経験を積むことが大切です。不動産を扱うと世間の仕組みまで分かりますね。

 

重要事項説明書には重要なことが書いてあります

最初は誰でも初心者です。何ごとも知らないということは、損をしやすくなります。

この損を当たり前と思うか、勉強料と捉えるかで、今後のスタンスも決まります。

身銭を切って痛い思いをしたタイミングを最大限に活かさないと、損を繰り返すことになるのです。

 

初めての収益物件購入は個人と法人どちらが得?

収益物件を買うときに、個人と法人のどちらで買った方がいいのでしょうか?

税率や経理などの仕組みが違うので、簡単に言えません。小規模にやる場合は個人。

大きくしていきたい人は法人です。ただそれも、その人の環境次第なので、よく考えて購入しましょう。

 

手付金を現金で支払う売買契約と必要な諸経費

売買契約を締結する時の手付金は現金。

測量費用は売主負担。固定資産税の日割精算が必要。

経験してみないと知らなかったことが次々出てきます。

いくら机の上で勉強しても、経験がなければ、知識も活かし切れません。

実際に経験することが一番の勉強です。

 

収益物件購入にかかる登記費用と火災保険

収益物件を購入する際に、貸していただく融資金額を決める必要があります。

かかる経費の積算が甘いと、後から資金がショートしてしまうので、手を抜くと大変です。

その為にも必要経費の根拠として、各所より御見積書をいただかないといけません。

 

収益物件購入時の修繕費用をどこまでかける?

収益物件の修繕費は、通常の使用で劣化していく自然損耗や、災害で壊れた所などは、全て大家の負担になります。

自分の物件をいつ売るかを考えて、修繕をしないと、余分な支出ばかり増えてしまいます。

入居者に気持ちを大事にしつつ、経営をしないといけません。

 

境界確定は関係者が多く時間がかかって大変です

収益物件に限らず、土地を購入するときには、境界が確定されていないとトラブルの元です。

境界標を設置するのにも、相当な資料と関係者の確認が必要になりますので、結構時間がかかります。

少しのズレで面積が大きく減ったり増えたりしますので、かなり重要です。

 

事業性融資に必要な金銭消費貸借と根抵当権設定

金銭消費貸借契約と根抵当権設定契約をしないと、収益物件購入資金を貸してもえません。

残債務の返済が滞ったら、密接に関わってくる大切なことばかりでです。事業者側にまわると、全てが自己責任です。

ものごとの仕組みを把握した上での対応が必要になります。

 

決済日当日の流れと必要な書類や支払う諸経費

不動産売買の決済日には、色んなことをしなくてはなりません。

名義変更の手続き、融資実行、諸経費の支払い。書類もたくさんある上に、資金の移動自体にも結構時間がかかります。

集合時間から、1時間くらいはかかると思って、準備した方が間違いありません。

 

自分で管理することが無理な場合は、管理会社への委託が必須

不動産投資は、物件を購入するだけでは、収益を生んでくれません。

ちゃんと管理運営をしていかないと、リスクも大きくトラブルも起きます。

副業で不動産投資を行う以上、自分の力で管理するのは、かなり難しいと言えます。

信頼できる管理会社に任せましょう。

 

修繕工事と火災保険の必要性
台風被害も火災保険で風災被害も補償されます

突然の天災や不可抗力の破損は、大家側の責任で直さなければなりません。

火災保険でたいていのことは保証してもらえますが、色んなオプションがあるので、もしもの時を想定して契約しないといけません。

備えあれば憂いなしですね。

でも、費用との兼ね合いが大切です。

 

価格の安い古い投資物件は、空室や減額のリスクが高い

収益物件に限らず、古い建物ほど不具合が出やすくなります。

借り入れをして購入するのなら、空室リスクや建物不具合に対する支出も想定して、余裕のある返済計画を立てなくてはなりません。

利益も大事ですが、返済期間と手残りのバランスを取ることが大切です。

 

自分で探せば手数料不要!入居者募集と賃貸借契約

収益物件も新築して、入居者を募集する場合と、古くなってから入居者を募集する場合では、随分と勝手が違います。

空室のまま時間が経過することが、一番収益を下げるので、入居してもらうためには、多少のことには目をつぶらなくてはいけない場合もあるのです。

 

 

HOME
起業・副業

続きを見る

© 2020 たいしのブログ