旅行 生活

海も陸も美しいタイ最大の島プーケットは、異国文化が混在していました

クレジットカードでJCBを利用しているのですが、毎月機関誌を届けてくれます。

世界や日本の観光名所が紹介されているので、熟読はしないまでも、想いを馳ながら楽しみに流し読みしている冊子でした。

ふと、今月の表紙を見てみると、どこかで見たような記憶がありました。

 

今回は、タイの「プーケット」特集でした。

 

タイ最大の島

有名な観光地なので、ご存じの方もおおいとおもいますが、プーケットは、バンコクの南西約670kmの洋上に浮かぶ島で、その美しさから「アンダマン海の真珠」とも讃えられるビーチリゾートです。

 

と言っても、本土から橋で繋がっているので、何となく半島のようなイメージです。

ふと、数年前に、プーケットへ行ったことを思い出しました。

 

当時の写真を見返してみると、確かに同じ壁画が写っていました。

 

オールドタウン

2016年に「フード・アート・オールド・タウン」というプロジェクトが始まり、タイに関わりを持つアーティストが伝統家屋の壁をキャンバスに、島の食の絵を描いたそうです。

この写真は、プーケット島の中心地にある「プーケットタウン」の中でも「オールドタウン」と呼ばれる場所で、撮影しました。

オールドタウンは、中国とインド貿易の拠点として栄えたそうです。

当時育まれた独自の文化が息づく街並みで、建物がパステルカラーで独特の雰囲気がありました。

 

 

パトンビーチ

この旅行では、プーケットでも一番人気と言われる、西岸部の「パトンビーチ」にある「ダイヤモンドクリフ」に宿泊しました。

 

結構広い島なのですが、オールドタウンへもそんなに遠くは感じません。

トュクトュクでも行けます。正確には、シーローって言うのかな。

中はギラギラで、結構やかましいです。

 

ダイヤモンドクリフ

日本からプーケットへの直行便はないため、スワンナプーム国際空港からプーケット国際空港へ国内線で行くのですが、プーケットの空港に着いてからも、パトンビーチまで車で更に1時間くらい。

やっと着いたと思ってからが、結構長かったです。

 

とても素敵なホテルでした。

 

バングラ通り

パトンビーチには、「バングラ通り」と呼ばれる繁華街があり、昼間から夜遅くまで多くの観光客で賑わっています。

子ども達と一緒に出かけて、バーでビールを飲んだのですが、歩いていても店先のポールダンスが普通に見えるので、なかなか刺激が強いです。

 

昼間は、全く違う顔を見せてくれます。

 

ジャンセイロン

「バングラ通り」からもほど近い場所に、「ジャンセイロン」というショッピングモールがあります。

 

何となく日本が少し誤解されているように思えます。

 

島とは思えない程、大きくてきれいなショッピングモールでした。

大都会ですね。

 

バンザーン市場

「ジャンセイロン」の裏には、「バンザーン市場」があります。

どちらかというと、旅に来たので、現地の方と交じった方が楽しいですね。

フードコートでビールを飲みました。

 

夜には、屋台も市場の前にたくさん出ます。

きれいなお店でお買い物もいいですが、やっぱり雑多な方が楽しいですね。

 

結局ムエタイは、見れずじまい。

 

コーラル島

南国なので、当然海へも出かけます。

コーラル島のバナナビーチです。


天気が悪かったのですが、途中から晴れてきました。

オールドタウンでも晴れたり降ったり。

南国らしくスコールの様な雨が、短時間で上がります。

 

ご多分に漏れず、ダイビング体験もします。

無事、クマノミにも会うことができました。

 

乗り体験

タイで象は特別な動物です。聖なる生き物として扱われています。

また、タイは仏教国ですが、「ガネーシャ」というヒンドゥー教の神様がいて、ゾウの頭を、持った富をもたらす神様で、商売の神様として非常に人気があります。

象乗り場でも「ガネーシャ」に会えました。

 

そんな神聖な象に乗らせていただきました。

 

島最南端プロムテープ岬

島最南端に位置するプロムテープ岬に移動しても、象が祀られていました。

四面顔で知られるヒンドゥー教神プラ・プロムにお願いして、願いがかなえばゾウの置物を備えるという習わしがあり、ゾウがずらりとたくさん円形状に並んでいます。

 

この時は、昼ですが、タイで最もきれいな夕日が見れる場所とのことでした。

 

ワット・シャロン寺院

タイは、仏教国なので寺院にも参拝します。

プーケットの最大の寺院「ワット・シャロン寺院」です。

日本の仏像を思うと、かなりきらびやかですね。

 

先ほどの仏像は、この3階建ての仏舎利塔にいるのですが、最上部には仏陀の遺骨が祀られています。

 

ニューハーフショーとか果物とか

ドラゴンフルーツ以外は、名前の分からない果物を食べたり。

タイでも、さすがにホテルではドリアン禁止だったり。

東南アジアだなぁと思える食べ物を食べたり。

 

ニューハーフショーを見たりしました。

子どもには、ちょっと厳しかったかも。

 

タイのビール

プーケット滞在中は、ビールばかり飲んでいました。

帰ってからも、シンハービールの飲みやすさを思い出して、日本でも買い求めてしまいました。

海外のビールにありがちですが、とっても軽いビールです。

でもおいしい。

 

タイはプーケットしか行ったことがありませんが、異国文化が交じっていて素敵な国でした。

言われるほど、微笑みの国だった様には感じませんでしたが、接していただく方の暖かさを感じることができます。

 

スワンナプーム国際空港が広すぎる!

 

ただ、1つだけ焦ったことがありました。

バンコクのスワンナプーム国際空港が広すぎる!

調べてみると世界一広いみたいでした。

のんびり御飯食べて、さぁ飛行機乗ろうかって、移動したのですが、歩いても歩いても到着しないです。

危うく乗り過ごすくらい広かったです。

 

 

まとめ

のんびりとしたビーチリゾートで、ゆったり凄そうと思っていましたが、プーケットは見所もアクティビティも豊富で、じっとしているのがもったいないです。

プーケットは中世の頃、錫(すず)の採掘・交易で、ポルトガル人や中国人が町を作りました。

そのため、中国やポルトガル様式の建物がたくさん残っています。

そんな異国文化が混在し、できないことはないくらいのリゾート地ですので、行き来がしやすい環境になったら、是非行ってみて下さい!

僕が、知らなかっただけですが、タイに行ったら、スワンナプーム国際空港の移動距離の長さには、お気を付け下さいね~。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

このブログのテーマは「WING(AFFINGER5)」を利用しています。

-旅行, 生活

© 2020 たいしのブログ