生活

言葉一つで評価を下げる?使い方に気をつけたい表現10選

 ブログを書いていて思うのですが、これまでアナログ上で必要とされてきた文章力とは、違う表現力が必要だと感じます。紙に記載してある文章が当たり前の時代から、パソコンやスマートフォンへと主たる媒体が変わって来たので、それに応じた文章にしないと読み手を無視したものになってしまいます。

 ちゃんとWEBライティングを学んでいないので、認識に誤りがあるのかもしれませんが、一度に見る情報量が少ない条件でも、読みやすい、見やすい文章を書くことに主眼が置かれています。

 別にみんながみんな、作家を目指すわけではないので、正統派の文章力を養う必要はなく、書いている文章も自分のものとして、自由に扱えばいいと思います。それでも、想いがあってブログや記事を書いている人は、どんなツールを使っていても、文章の上達が早いのだろうなと、読んでいて感じます。

 連絡手段として、文字情報を簡単に扱える様になって、久しくなりましたが、学ぶ機会を持たないままSNSやチャットツールだけ使っていくと、表現力が養われないかもしれません。WEB上でもアナログ媒体でも、読み手を意識した文章を書いていれば、考えて字づらをしっかり記さないといけないので、文章力が上がっていくのだと思います。

使い方に気をつけたい表現10選

 そんな通信上で使う言葉ではないのですが、日常生活でつい口にしてしまう、残念な表現をピックアップしてみました。

なんか

 「なんか」を多用する方って結構いるかもしれません。

「なんかAさんが、急にお願いしてきたので、なんか、受けるしかなくなってしまい、なんか、やっている内に、なんか、こうなってしまいました。」

 極端な例ですが、あわてるとこうなってしまう方を見かけます。本人には「なんか」って言っているつもりはないのですが、「あの~」や「え~」と同じように「なんか」言ってしまうのでしょうね。

 落ち着くことが大切です。

別に

 一時期、よく取り上げられておりました。どうしても返答として「別に」だけでは、誠意がないように感じてしまいます。例えば「別に変わったことはありませんでした」のように最後まで言い切ると、丁寧に感じます。

 使い方さえ間違えなければ、失礼ではありません。途中で終わらせないようにしましょう。

~でいいです。

 本来は、肯定する意味を持つ言葉なのですが、実はもっと欲しいものがあるのに、ちょっと控える様に聞こえます。受け手によっては、妥協や我慢にも聞こえてしまい、何かを提供されているときに使ってしまうと、印象を悪くしてしまうかもしれません。

 こだわりって入れているコーヒーなのに、「コーヒーでいいよって」言ってしまうと、入れている方は残念に思っているかもしれません。コーヒーをください。と当たり前のことを言った方が、気持ちがいいですよね。

ヤバい

 言葉の意味って、時代が変わると変遷していきますが、「ヤバい」も意味が随分と変わりました。よくない事態になったときに使われていたのですが、現在は肯定的な意味で、すごいとか、いいねって意味で使われています。

 日常的に使っていると、仕事やフォーマルな場でも、つい口から出てしまうかもしれません。

 日頃使うとしても、意味合いだけはしっかりと踏まえて使いましょう。

お帰りになられました

 日本語って難しいですよね。丁寧に表現しようとして、つい二重敬語になってしまうことがあります。「尊敬語+尊敬語」や「謙譲語+謙譲語」になってしまい、回りくどく感じます。

 ただ、ヤバいの様に日本語の使われ方も変わって来ますので、一概に間違いとは言えないかもしれません。例えば、「お召し上がりください」も「尊敬語+尊敬語」ですが、普通に使われていますよね。

 丁寧にすればいいというものでもなく、すっきりとした表現の方が、好感を持たれますので、正しい敬語を押さえておきたいものものです。

させていただきます

 よく考えると、相手から指示があった場合に使う言葉だと分かるのですが、主体を自分にして使われている場合が多い言葉です。

 具合が悪いので、「欠席させていただきます」よりは、「欠席します」の方がストレートです。丁寧な表現が不足していると感じるのならば、その前後で補ってはいかがでしょうか。「大変申し訳ありませんが」といった意を込める言葉を足すと、表現が丁寧になります。

 「後ほどFAXにて資料をお送りさせていただきます」といった表現もよく拝見しますが、やはりくどく感じますね。

元気そうだね

 身体的な病気を患っていたり、家族にご不幸や環境の変化があった方に使うと、心地よい言葉として受け取ってもらえないこともあります。

 関係性にもよりますが、親しい友人以外へ声をかけるときには、「お変わりありませんか」の方が、相手にとっては、ご自身がいい状態でも悪い状態でも答えやすくなります。

 相手の立場に立ってものごとを考えるとコツがつかめます。

だって

 だってに続く言葉は、否定したり、言い訳の内容になりがちです。折角相手が言ってくれている言葉をさえぎり、否定や無視をする言葉に繋がります。

 いったん、話を聞いて受け止めてみて、全部聞いてみないと分からないこともあります。批判めいたことを言われても「確かにそういうところがあるかもしれません」と受け止めてみると、相手は聞いてもらえたんだと感じて、こちらの言葉を聞く準備ができます。

 すぐに反発しないで聞いてみれば、こちら側の気持ちが落ち着く効果に繋がります。イラっとしても、怒ってしまっては発展がありません。冷静に聞けば「こんな考え方もあるのか!」と新しい発見があるのかもしれないので、お互いに自分の意見が伝わり易くなります。

そうですか

 そうですかと言われると、上からものを言われた気持ちになります。言葉自体は、相手の言葉を受け入れて、肯定しているのですが、そこには感情が含まれずに、もうそんなことは知っているよって前提が、相手に伝わるのです。

 折角賛同するのなら、「そういうことなんですね」や「よく分かりました」の方が、ちゃんと言っていることに理解を示し、納得して同感だよって伝わります。

 本人は気が付いていませんが、上から目線を素でやっている人が、使いやすい言葉です。

どうも

 人に会ったときや挨拶をされたときに「どうも」と返すだけでは、コミュニケーション能力を疑われます。何とも曖昧で日本人が好みそうな表現ですが、最後まで言葉を言い切らない表現は、相手に軽薄な印象を与えます。

 この人は、ものごとを最後まで言わない人なんだと、暗に思われてしまうかもしれません。こういった言葉尻一つでもしっかりしておくと、人柄までしっかりした人だなという印象を与えて、聞いている人にとって好印象になります。

まとめ

 日本語って本当に難しいですね。自分ではそんなつもりではなかったのに、言葉一つで相手の印象が変わってしまいます。いくら誠意を持っていても、好感を持っていても、言葉を間違えては、伝わるものも伝わりません。

 今回は、そんな気をつけたい言葉を10個お伝え致しました。

 知らないうちに、言葉一つで信用を失っているかもしれませんよ。

-生活

© 2020 たいしのブログ