食べ物

食べようと思うとなかなか見つからない「たません」|B級感が最高!

愛知県に住んでいる僕は、「たません」って全国区の食べ物と思っていました。

子供の頃から縁日に行くとたませんの屋台があったり、駄菓子屋さんで出しているところもあったので、当たり前に全国にあると思ってた。

たまごのテカリとコントラストが美しい。


いつも触れ合ってるから、その地域の人が世の中のスタンダードだと思い込んでいる食べ物って日本各地、いや世界各地でも多いと思います。

でも、たませんがローカルフードだと知ったときは、少したまげた。


秘密のケンミンSHOWでご当地料理を当たり前の様に言ってる方達を見て、そんなアホなって思ってましたが、自分もアホでした。

大きな鉄板で焼くだけでおいしそう。

「たません」とは、名古屋近郊でしか食べられない駄菓子屋で生まれた食べ物で、まさしくB級グルメです。

作り方は、お店や屋台で違いますが、基本的に「えびせんべい」を鉄板の上で焼いて、鉄板で焼いたたまごをせんべいの上に乗せてソースをかけたものです。

たまごが目玉焼きであったり、スクランブルエッグであったりもします。

でも、たまごはあんまりかき混ぜないで白と黄色のコントラストを楽しみたい。

マヨネーズもまずかかっているのかな。

ソースをぐるぐると
いい絵ですね


僕の知らないたませんもきっとあるはずです。

似たものに関西では「たこせん」があるようで、こちらはたこ焼きを挟んでいます。

中身を変えるとどれだけでもバリエーションが広がりそうです。

こちらは、割とたまごがよく混ぜられています。


ジャンクフード感がこの上ない「たません」ですが、最高のおやつでした。

でも、そうは言っても鉄板がある駄菓子屋が珍しく、もっぱら屋台でしか見かけなかった様な気もします。

光沢感がハンパない。
おやつでは済ませられない。絶対に酒のつまみです。
お酒なしは、無理です。


2つに折るのがスタンダードな気もしますが、折らずに提供していたこともあったと思う。

このお店はカットして出していただける。

大変食べやすい。

チーズ焼きなんてのもある。えびせんに焦がしたチーズがいい!

でも「たません」が大阪の名物って説もある。

そっちは天かすなんかも入るみたいです。

それだけで関西っぽく感じてしまいます。

大阪名物かぁ。「たません」と「たまごぜんべい」って同じなんだろうな。

「たません」を全国共通全国区の食べ物と思っていたくせに、大阪名物なんて話を聞くと、いやいや「たません」は愛知のもんだろう!って張り合いたくなってしまう。

むしろ尾張のものだろうとさえ言いたくなる。

何故だろう。

愛着が湧くと自分のものにしたくなってしまうんでしょうね。

鉄板があるので、お好み焼きもある。食べ応えがあります。

なにか懐かしい気持ちにさせてくれる「たません」。

そんなに難しくないですし、家で作っもおいしいですね。

でも、外で食べるからおいしいんですよね~。

見ているだけで楽しいです。

また近いうちに食べに行くと思います。最高!

でも、近くでたませんを焼いてくれるお店は、ほとんどないと思います。

自宅でも再現できるたませんの作り方を御紹介致します。

たませんの作り方

といっても、お店で食べた時の見たまんまですけどね。

材料

大判のえびせんべい又はたこせんべい

マヨネーズ・お好み焼きソース
あおのり

たこせんべい 17枚入り (小)

たこせんべい 17枚入り (小)

800円(12/02 11:28時点)
Amazonの情報を掲載しています

1.えびせん(たこせん)を焼く

2.玉子を焼く

3.えびせんのソースを塗る

4.玉子を乗せる

5.青のりとマヨネーズをトッピングする

割って挟み込んでもよし、切ってたべてもよし。

チーズを溶かしてもいいし、タバスコをかけてもいいです。

おやつや軽食にも美味しいたません、大きめのえびせんやたこせんがあれば作れるので是非作ってみてください。
とっても美味しいですよ。

でも、お店や屋台で作ってもらったのを食べるのには、何故かかないませんね。

山三 20枚 たこせんべい(10袋入)

山三 20枚 たこせんべい(10袋入)

2,785円(12/01 19:02時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

-食べ物

© 2020 たいしのブログ