生活

健康の捉え方|たまの不摂生が持続の秘訣!?

 これまで大病もしないで健康で暮らして来られたと思っている。不健康を強いて上げれば尿酸値が高いので10年くらい前から時折痛風発作に悩まされている事くらいだろうか。


 でも、40代になってから、体力面の他にも年を取ったなぁなんて思うことが、多々出てきた。暴飲暴食をすると消化不良を起こして夜中に目覚めてしまったり、お酒を飲むと眠たくなってしまったりする。ケガの治りも遅いしね。


 ここ最近では、夜中に苦しくなって、立ちながら収まるのを待っていたら、貧血のようになって、倒れてしまったこともあった。まぁ、それでも大局的に見たら健康の範疇に入れてもらえると思っている。


 でも、時折苦しい思いをすると日頃は何とも思っていない健康の大切さを身に染みて感じてしまう。特に痛風発作の時には、過去の自分の不摂生を最大限に反省するのだけど、痛みがなくなるとまた繰り返してしまうのだから、付ける薬はないのだろう。


 だから、痛みも苦しさもない状態である今、健康の事を考えてみることにした。調べてみると日本人の平均寿命は男性で80歳くらいで女性で87歳ほど。健康寿命は男性で72歳くらいで女性で74歳ほどであるそうだ。想定はしていたけど、日常生活に制限のある期間が、結構長いのが恐い。


 それはさておき、健康寿命から考えると今と同じように人生を楽しむ事ができる残り期間は、思ったより短い。かと言って仙人のような暮らしを送り、節制ばかりしていては、それこそ人生が面白くない。自分を律しながらもそこそこ不摂生しないと楽しくないのだ。

 振り返ると僕もご多分に漏れず、30代になってから代謝が落ちて太りやすくなってしまい、肥満の時期が長かった。ある時一念発起して、ダイエットにいそしんだおかげで、いまでは自称ぽっちゃりくらいで済んでいると思う。たぶん。ダイエットをいつまでも長く続けるのは、モチベーションが保たないので、ついつい過度に食事制限をして一気に体重を落とし、目標をクリアするとその達成感からか自分へのご褒美で元に戻ってしまう。


 だから、達成感を得るような頑張り方をしてはダメなのである。そんな体によくない増減を短期間に繰り返しているのだから、既に随分と健康寿命もむしばまれているのかもしれないけど、太っているままでいるよりは、減らす事へ意識を傾けた方が正解なんだろう。自分が思う暴論ですけど。

 

 体重ばかりが、健康の目安ではない。やはり日頃からバランスのよい食事。飲酒も適度なたしなみ程度で済ます。軽い運動なんかも毎日欠かしてはいけない。こんな単純な事がとっても難しい。


 でもね、やっぱり楽し~って事は人生に欠かせないと思います。色んな楽し~があると思うけど、飲食はかなりの割合を占めるのが、これまた悩ましい。体ばかりでなく、心の健康も大切ですよね。心を壊せば体も壊れて行くでしょうし。心穏やかに日々を過ごすのも安らかでいいのだけれど、やはり時折アクセントが欲しくなります。


 食事、運動、睡眠、仕事、休息、人間関係...書き出すと健康に関係する事柄にはキリがないけれど、その時その時に自分の心が疑問を抱かず許せれば、どんな行動も健康に繋がるんだと思います。

 

 何かをやり過ぎれば、その反面が後からやってくるのは世の常ですが、そんな反動さえも許容して楽しめたら、それが健康寿命の質を高めますね。何事も自分に納得ができるようにサボらず頑張らないで楽しもうかな。

 

後は結果で判断することにするよ。

 

健康に悪い食べ物は楽しいですね。でも、火鍋は健康的な食べ物だと思う。

-生活

© 2020 たいしのブログ