エッセイ

存在しない「やる気スイッチ」自分で作らないといけないんです

以前ダイエットに関する投稿をしましたが、その後なんとか継続して続けることができております。

世の中が大変な状況にあることもあり、まっすぐ家に帰らざるを得なくなったのも一役買ってくれました。

状況に応じて今できることをするしかないですね。

 

長年こびりついた脂肪を減らすには、並大抵なことをしていては落ちてくれませんので、長期間の根気強い努力が必要です。ダイエットに限りませんが、やる気にならなければ、ものごとを達成することはハードルが高ければ高いほど、困難を極めると思います。

CMですっかりおなじみになった「やる気スイッチ」という表現ですが、そんなスイッチを入れてやる気になる時ってどんな時か、考えてみました。

やる気を出して取り組むのとただ漫然と取り組むのでは、結果やスピードに随分差が出るのは、説明するまでもないと思います。

人間がやる気になる時にも、スイッチが入りやすいタイミングってあると思います。

例えば、受験や就職活動といったライフイベントの大事なタイミングや仕事や大切な人から重要なことを任されたとき等は、気持ちが引き締まるので自ずとやる気になれる場合かと思います。

自分が入れなければいけない時と分かっている時ですね。

では、そんなタイミングに関係なくやる気になる時は、どんなときでしょうか。当たり前ですが、やはり自分に取ってやる気になる「必要」があるときですね。

様々な場面があると思いますが

  • ライバルに負けたくないとき
  • 部下や後輩ができたとき
  • 何かが欲しいとき
  • 思いもよらない体験をしたとき
  • 自分のためではなく、みんなのためになるとき
  • 目標ができたとき やるべきことが見つかったとき

こんな時に人は頑張ることができるのだと思います。

今回の僕がダイエットを始めた動機は、友人達と人間ドックに行って、メタボの者同士これはいかんねってなり、4月1日時点で自己申告の目標値を下回ろうと約束したのが始まりでした。

なんとか目標をクリアでき、クリア後もこの勢いでもっと体重を落としてしまおうとやる気スイッチが切れないままでいます。

なんとか続いています。

 

おそらく、やる気スイッチを入れるのが難しいのと同じで、一旦入ると切る時にも似たような現象が起きているのかもしれません。

一旦切れるともう一回スイッチを入れることが難しいことを、自分の経験則から分かっているんだと思います。

この辺の理屈を整理して行くと、万人共通ではないにせよ自由自在にやる気スイッチを入れるコツが分かってきそうです。

人間は誰しも一心不乱・無我夢中に取り組んだ経験が、何かしらあるはずです。

一旦経験したことは、初めてのことよりうまくできるはずですので、逃避や甘えがなければ、誰でもスイッチを入れることができる訳です。

また、練習すればするほど上手になるのも共通しているはずです。

と言うことは、やる気になる機会を多く持ち、それに取り組んで来れた人ほど、やる気スイッチを自在に入れることができるタイプの人間であると言えます。

仕事中一服してコーヒー飲み終わったら、よしやるぞってなりますよね。

あんな感じです。

それをハードルの高さに応じて入れる強度を変えていけば、どんなことにも自在に取り組むようになれると思います。

僕がダイエットを始めた時期とブログを書き始めた時期って、ほとんど一緒なのですが、毎日更新を自分に課している訳ではないものの、ダイエットの糸が切れたらリバウンドしていくように、毎日書かないと次のブログを書くまでの間が長くなるであろうことを自分で感じています。

激しいリバウンド経験アリです。そういう失敗も経験則にしないともったいないですね。人生のMAXは93㎏...

結果、今回のブログで89日連続投稿できており、まだ100回にも満たない未熟な記録ですが、自分がこれからも毎日更新ができると信じれられる根拠にもなっているのです。

当然、ネタがなかったり書く気にならない時もありますが、その時の自分のコツは、とにかく書き出してみることにしています。何でもよくて、目の前にリモコンがあったら、「リモコンって便利ですよね。本体まで近づかなくても...」みたいに文章が出てくるものです。

このダイエットとブログの話は、たとえ話ですが、結局何かから背を向けているとそういった逃げ癖が付くので、自在にやる気スイッチを押せるようになるためには、日々の取り組み方にかかっていると思います。

とは言え、人間ですから、四六時中気を張れる訳でもないので、通常平時はボーっとしていてもいいのですが、スイッチをいれる必要ができたときに、入れずにおくことを止めることが一番スイッチを押せるようになるコツですね。

日々の生活の中で簡単なハードルの低いところから始めると、いいかもしれません。

なんて偉そうに言ってますが、僕もちゃんとできているわけではないので、自分へ言い聞かしているブログなんですよね~、今回。途中から屁理屈みたいになってしまいましたが、逃げてはいけない場面から逃げなければ、後はどうでもいいやくらいの気持ちで生きた方が、人生豊で楽しいのだと思うのです。実は。

皆さんも自分にあった方法で、やならくてはいけない時にやらなくてはいけないことだけは必ずやっていきましょうね!そこが最低限ですよね~

人気ブログランキングに参加しています。よかったら応援してください。

 

 

-エッセイ

© 2020 たいしのブログ