商品 食べ物

高いだけはある旨さ!工場作りたてが味わえるキリンホームタップの生ビール

2021年2月13日

ビール党の方に取っては、自宅でも生ビールをサーバーから注いで飲みたいと思いますよね。

そういう僕も大のビール党なのですが、以前レジャーの時にビールサーバーを酒屋でレンタルしましたら、かなり大がかりでした。

 

酒屋さんのレンタルサーバーは大変

サーバー本体に、ビア樽、炭酸ガスボンベ。サーバーの中には氷を詰めて冷やす構造です。

 

もちろん、これはこれで当然美味しくて、みんなで楽しく盛り上がることができました。

とは言え、氷の溶けた水をホースから流す配慮も必要なので、結構大変なのは、間違いありません。

みんなで家でもこれ飲めたらいいよね~、なんて話していましたが、流石に無理があるということで、実現しようとする人は、なかなかおりません。

でも、そんなことを気に留めていると、ホームサーバーの情報も見付けやすくなって、ある時ネットでこんな広告が目に飛び込んできました。

 

ビールサーバーのある暮らし

はい、はじめます!

一瞬でプレ会員登録へ進んでしまいました。

プレ会員という名前の通り、本契約前にプレ会員登録をします。

その後、毎月ごとに会員契約をしているので、順番待ちが終わり次第、本契約となります。

 

まずはプレ会員に

と言うわけで、順番も来て12月末に2月会員の契約をすることができました。

しかし、ここまでの道のりは、かなり長いものでした。

 

確か記憶では、最初のプレ会員へ申し込んだのが、6月。

その後、最初のメールを8月にもらえました。

 

その後本契約

その後、本契約案内が送れるメールを2度程いただき、やっと契約することができたわけです。

 

でも、1か月分値引きしてもらえました。キリンさんありがとうございます。

 

サーバーが先に到着

そのキリンホームタップのサーバーが、やっと2月に到着しました!

 

早速段ボールから取り出します。

 

何となくベイマックスみたいです(^_^;

 

フタを開けるとボトルを入れる部分と炭酸ガスのホースが表れました。

 

このホースが付いているガスユニットに、カートリッジを入れて使います。

早速ボトルを入れて、ビールを飲みたいところですが...

 

ビアボトルは、この後1週間程待たなくてはならないようです。

 

こんな読み応えのある冊子まで付けてくれるので、かなり焦らしていただけます。

待つ時間も楽しんで。

とあったので、楽しみに待つことに致しました。

 

少し遅れてビアボトル到着

1週間が経過し、やっと来てくれました!

到着してから、賞味期限まで1ヶ月もありません。

 

新鮮さを閉じ込めてくれる分、賞味期限が早いようです。

 

ちょっと欲張って、1ヶ月8リットルのコースです。

2週間に1回、ボトル4本を配達してくれます。

 

それにしても、ビールをペットボトルで大丈夫なのかな?って思っていたら、ちゃんと配慮されているんですね。

 

これが炭酸ガスカートリッジ。拳銃の弾丸みたいですね。

1本でボトル2本弱使えます。

 

他にも消耗品のストローやチューブの他に、グラスも付いていました。

ホームタップのグラスが何気に嬉しい。

 

準備も簡単

ホームタップを机の上に置きます。

デザインがかわいいですね。

 

ガスカートリッジを取り付けて、本体にしっかりセットしてロックします。

 

ペットボトルのフタを開けて、チューブを取り付けます。

 

後は、注ぎ口までチューブを繋げて、フタをするだけ。

でも、最初はチューブが折れてしまって、ビールが出てきませんでした。

ちゃんとセットしないといけません。

 

本体の電源は、コード収納部分の中にあります。

 

稼働も静音

スイッチを入れると、冷却が始まり、ちょっと音がしますが、気にはなりません。

早速注いでみました!

 

いい感じです!

でも実は、冷却しきる前に注いでしまい、泡ばっかりになってしまいました。

 

感動の泡

充分に冷えてから注がないと、感動の泡を楽しむことはできません。

 

セットしてから、冷え切るのを待ちきれずに、飲んでしまいました。

感動の泡を味わうためにも、あらかじめペットボトルは冷やしておいた方がいいですね。

 

家でビールサーバーから生ビールが飲めるなんて!!

大満足です。

 

若干高価なのが惜しい

ただ、ちょっと難点なのが、料金面ですね。

 

この1杯というのが、330㎖当たりだそうなので、缶ビールと比べてもかなり割高です。

毎日飲むには、高価なビールです。

 

週末のご褒美に

とは言え、作りたてのビールを家庭で味わうことができるのは、魅力的に感じてしまいます。

週末だけとか、最初の1杯とか、使い分けて飲めば、かなり楽しむことができそうです。

その分日頃は、いつものこれを飲んで、週末にしっかりと楽しむことに致します。

これも発泡酒の割には、美味しいですよ。

ホームタップは特別のご褒美と致します。

平日は、こんなサーバーもアリですね。

グリーンハウス スタンドビールサーバー GH-BEERO-BK ブラック

グリーンハウス スタンドビールサーバー GH-BEERO-BK ブラック

8,709円(02/28 16:41時点)
Amazonの情報を掲載しています

でも、サーバーで発泡酒を注ぐと、味が落ちる気がするのは、僕だけでしょうか。

発泡酒は缶から。

ビールはサーバーからの方が美味しいように感じます。

でも、楽しみ方は、自分次第ですよね(^_^;

料金が高いのは、サーバー代と配達代が含まれていることもあります。

そう思うと、少しだけ身近になりました。

長い間待ちに待ったホームタップ。

しっかりと愉しませていただきます(^^)

 

ビール配送サービス【DREAMBEER】

キリンホームタップは、大満足のサービスです。

でも、厳しい状況下にあったせいか、サーバーが届くまで半年以上もかかってしまいました。

今すぐ楽しみたいよって方には、昨年末クラウドファンディングのCANPFIREで、高い実績を上げた【DREAMBEER】がオススメです。

本格生ビールサーバーで新しい家飲み体験【DREAM BEER】

 

見て分かる様に、サーバーの注ぎ口が2つあります。

 

28社から56銘柄のクラフトビールを選ぶことができるので、自由度がかなり高いです。

 

今年の春にサービス開始予定なので、キリンホームタップより早く楽しめそうです。

おまけに今なら、6リットルもプレゼントしていただけます。

 

安定した品質の定番キリンビールは、絶対王者ですが、全国各地のブルワリーからビールをお取り寄せできるのは、かなり魅力的です。

 

2つの注ぎ口から、交互に飲んだり、ブレンドしたり、料理に合わせて変えたり、色々できそうです。

これから始まる魅惑的な会員制ビール配送サービス【DREAMBEER】

是非、選択肢の1つに加えてみて下さい。

自宅にビールサーバーがある暮らしは、素晴らしいですよ(^^)/



-商品, 食べ物

© 2021 たいしのブログ