お店 食べ物

どんぶりの話|結局ジャーマンハンバーグ丼が最高!

 時折どんぶりものが無性に食べたくなる。色んな種類のどんぶりものがあるけれど、どれも最後にどんぶり持ってハシでかっ込んでいくのが堪らない。いかにも最後の仕上げをしている感じがする。
 メジャーなどんぶりとしては、天丼、牛丼、カツ丼、豚丼、鰻丼、鉄火丼、海鮮丼、親子丼。

チェーン店じゃないお店の牛丼。どっちもおいしいけど別の料理と言ってもいいですね。

ウナギも高くなってからはなかなか口にすることが少なくなってきました。このサイズでは足らない。
どんぶりに生卵入れると食べるスピードが1.5倍になりませんか。
写真では固そうに見える豚肉ですが、実際にはものすごく柔らかかったです。

 マイナーなどんぶりとしては、中華丼、他人丼、マーボー丼、唐揚げ丼、ローストビーフ丼といくらでも創作できそうです。海外では滷肉飯(るーろーはん)やロコモコも丼でしょうか。ご飯の上に食材や料理が乗っているって考え出すと天津飯なんかも丼に入れてあげたい。でも丼としてはちょっと無理がありますね。

これはメジャーな方の海鮮丼。
中身がこうなるとご当地にでも行かないと、なかなか食べる事ができるお店がみつかりません。
これも贅沢ですね。おいしかった記憶が残ってます。

 外食するときにメニューの中で好きなものがあるとそれ以外注文できなくなる方っておられますでしょうか。きっと他のもおいしいんだろうけど毎回同じものを注文しちゃう。僕の場合、あるお店でなかなかその呪縛から解き放してもらえません。結構な有名店なのですが、名古屋にあるヒッコリーってお店に行くとどうしてもジャーマンハンバーグ丼を頼んでしまう。ここでしか食べられませんが、僕が好きなどんぶりの№1です!

https://www.hickory-club.co.jp

中はレアでにんにくたっぷり。人に会うときはつらいですが、約束があっても頼んでしまいます。


 このお店は大学生の頃に行った時からのファンで定期的に食べに行くのですが、どんどん人気店になっちゃって、お店も移転して、メニューも増えて、店舗も増えて、並ばないと入れないようになっちゃいました。いいことですが、急いでいるときには利用しにくい。

ジャーマンハンバーグダブル大盛り。
いい絵です。
食べたくなってきます。


 当初グリルハンバーグを食べて、若かった頃の好みと合致したせいかこんなおいしいものがこの世にあるのかってくらい感動したのを覚えています。でも、このグリルハンバーグはランチタイムにはメニューにないので、あるときジャーマンハンバーグ丼を頼んでみました。その時からもうとりこになってしまい、これ以外を注文することができなくなってしまったんです。絶対他のメニューもおいしいに違いないのに。ちなみヒッコリーのハンバーグは牛100%です。

これがグリルハンバーグ。ご飯に合う!
デミグラスソースとホワイトソースとチーズ が調和しています。


 このジャーマンハンバーグ丼は、先ほどのグリルハンバーグと反対にランチタイムでしか食べる事ができません。なので仕事で近くを通るときには、ちょっと遠くからでも寄ってしまうことがよくありました。

ちなみに夜は丼はないのですが、単品でジャーマンハンバーグを注文できます。でも、鉄板だから段々火が入ってしまうんですよ。

 最近なかなか行けないので知らなかったのですが、今は肉感をアップさせてワイルドジャーマンや花畑ラクレットチーズハンバーグなんてものもあるみたい。近々行くしかありません。

 家の近所になくて本当によかった。近くにあったら通い詰めてしまいそうですから。


-お店, 食べ物

© 2020 たいしのブログ