食べ物

他のメニューが頼めなくなるヒッコリーのジャーマンハンバーグ丼が最高!

2020年3月12日

時折どんぶりものが無性に食べたくなります。

色んな種類のどんぶりものがあるけれど、どれも最後にどんぶり持って、ハシでかっ込んでいくのが堪りません。

いかにも最後の仕上げをしている感じがします。

メジャーなどんぶりとしては、天丼、牛丼、カツ丼、豚丼、鰻丼、鉄火丼、海鮮丼、親子丼。

枚挙にいとまがありません。

 

牛丼。チェーン店以外のもおいしいですね。

 

ウナギも高くなってからはなかなか口にすることが少なくなってきました。このサイズでは少し物足りません。

 

親子丼。どんぶりに生卵が入っていると、食べるスピードが1.5倍に上がります。

 

豚丼。写真では固そうに見えますが、実際にはものすごく柔らかかったです。

マイナーなどんぶりとしては、中華丼、他人丼、マーボー丼、唐揚げ丼、ローストビーフ丼といくらでも創作できそうです。

海外では、滷肉飯(るーろーはん)やロコモコも丼でしょうか。

ご飯の上に食材や料理が乗っているって考え出すと、天津飯なんかも丼に入れてあげたい。

でも丼としては定義では、ちょっと無理がありますね。

器次第ですね。

 

メジャーなどんぶりとしては、海鮮丼。

 

ご当地にでも行かないと、食べられない丼もあります。生しらす生桜えび丼。

 

乗るもの次第で、途端に贅沢にもなります。

外食するときに、メニューの中で好きなものがあると、それ以外注文できなくなる方っておられますでしょうか。

きっと他のもおいしいんだろうけど毎回同じものを注文しちゃいます。

僕の場合、あるお店でなかなかその呪縛から解き放してもらえません。

結構な有名店なのですが、名古屋の「ヒッコリー」に行くとどうしてもジャーマンハンバーグ丼を頼んでしまいます。

ここでしか食べられませんが、僕が好きなどんぶりの№1です!

中はレアでにんにくたっぷり。人に会うときはつらいですが、約束があっても頼んでしまいます。

このお店は大学生の頃に行った時からのファンで、定期的に食べに行くのですが、どんどん人気店になっちゃいました。

お店も移転して、メニューも増えて、店舗も増えて、並ばないと入れません。

 

ジャーマンハンバーグダブル大盛り。

 

是非、食べに行って欲しいです。


他にもグリルハンバーグというメニューがあります。

一番最初に、このお店で食べたハンバーグでした。

若かった頃の好みと合致したせいか、こんなおいしいものがこの世にあるのかってくらい、感動したのを覚えています。

でも、このグリルハンバーグは、ランチタイムにはメニューにないので、あるときジャーマンハンバーグ丼を頼んでみました。

その時からもうとりこになってしまい、これ以外を注文することができなくなってしまったんです。

絶対他のメニューもおいしいに違いないのに。

ちなみヒッコリーのハンバーグは牛100%です。

 

これがグリルハンバーグ。

本当にご飯と合います。

デミグラスソースとホワイトソースとチーズ が調和しています。

ジャーマンハンバーグ丼は、先ほどのグリルハンバーグと反対にランチタイムでしか食べる事ができません。

 

夜は丼としての提供がなく、鉄板に乗ったジャーマンハンバーグを注文できます。

でも、鉄板だから段々火が入ってしまうんですよ。

今は肉感をアップさせたワイルドジャーマンや、花畑ラクレットチーズハンバーグなんてものもあるみたいです。

家の近所になくて本当によかった。近くにあったら通い詰めてしまいそうですから。

一度行ってみて下さい。

やみつきになりますよ。

 

-食べ物

© 2021 たいしのブログ