食べ物

買わなくても作らなくても燻製が楽しめる醤油|魔法の調味料!

 皆さんは燻製醤油ってご存じでしょうか?
 そもそも燻製とは、肉や魚に木材などを燃やした煙をかけて特有の風味と保存性を持たせたものです。例えば、かつお節や秋田のいぶりがっことかが有名ですね。ハムやソーセージも燻製されていますので薫り高いです。


 燻製することにより殺菌・防腐効果を高めたり、塩漬けにしてから燻製することにより食品から水を抜くことができます。


燻製の種類もいくつかあって、冷燻法、温燻法、熱燻法と大きく3つに分けられます。

冷燻法


20℃くらいで長時間燻煙します。素材の水分が取り除かれるので長期保存が可能です。水分が減りますので固めの仕上がりになります。生ハムやスモークサーモンなど。

温燻法

30℃から80℃で2~5時間程といった短時間で燻煙します。短い時間のため、水分が残り柔らかく仕上がる反面保存性には欠けます。ベーコンやハムなど。

熱燻法

90℃から140℃の高温で燻煙処理を2、30分程で済ませてしまいます。一番お手軽ですが、ほぼ生なので保存性はほぼ変わりません。なんでもありかな。


 熱燻法が手っ取り早く一番簡単ですが、それでも煙が出ますし、専用の器具を用いないと大変です。燻すチップも桜やブナ、リンゴ、くるみ、ヒッコリーなど、たくさんあって色づきや風味がそれぞれ異なります。熟知してないとうまく選べないかもしれませんし、何しろチップを用意しなくてはなりません。


 慣れてしまえばお手軽に作れるのですが、少し初心者にはハードルが高く、なかなか手が出せないものかもしれません。そんな燻製は、やはり手間暇かけるだけの価値があり、器具やチップを用意してしまえば、お手軽におかずやつまみをワンランク上のものに昇格させてくれます。

 そこで御紹介したいのが、もっとお手軽な燻製醤油。本家本元の燻製には若干劣りますが、至極簡単に燻製風味を楽しめることができる一品です。燻製醤油もご家庭で作ることはできますが、ここはお手軽に燻製風味を味わいたいことを優先したいので、市販の商品の御紹介と致します。燻製醤油を作るなら、他の食材も一緒に燻製できますもんね。燻製方法自体の話は別の機会で。


 そもそも醤油自体が日本人に取っては欠かせない調味料です。お寿司や刺身はもちろん、どんな食材にも合うかもしれません。醤油本来の香りに燻製の香りが足されることで、より一層の香ばしさが加わります。燻製していない食材をあたかも燻製したように味わうことができる魔法の調味料と言っても過言ではありません。

イチビキ 燻香だししょうゆ 薫香度合い☆

実は一番リピートしているかもしれない。

僕の地元愛知県の企業イチビキさんで作っている燻香だししょうゆ。この商品が一番お手軽に使えるかもしれません。本当の燻製と比べてしまえば、スモーキー感は若干少ないかもしれませんが、燻製になった!と充分思わせてくれます。
食材の味を損ないませんので、食卓に常備しておいてもいいと思える品です。いや、常備したい。

https://www.ichibiki.co.jp/

https://amzn.to/2wyz3xW

小豆島ヤマイチ オリーブ燻製しょうゆ 薫香度合い☆☆

濃口と書いてあるだけのことはある

醤油の名産地小豆島。遠くに住んでいるとあまり知ることはないかもしれませんが、小豆島って醤油の街なんです。そして同時にオリーブの島でもある小豆島で作られたオリーブ燻製醤油。燻製とは言え、オリーブの優しい味わいが醤油に溶け込んでいます。濃口のおかげか燻製度合いも少し高めに感じました。

https://shodoshima.npnp.jp/about/soysauce/

https://amzn.to/3ar8lpr

永谷園 業務用 燻製の素  薫香度合い☆

ちょっと番外編でしょうか。掛けるというよりは漬け込む素です。燻製玉子、スモークサーモン、スモークチーズなんかをたくさん作りたいなって時に重宝するかもしれません。他の商品と比べると薫香度合いは低めかもしれませんが、普通の醤油に漬け込むだけならば、こいつを試してみる価値は充分あるかと思います。

https://amzn.to/2yfWQmD

大分県特産品 地獄蒸し 燻製醤油  薫香度合い☆☆☆

大分県別府には、地獄蒸しという調理法があります。天然温泉の噴気を利用し高温の蒸気で一気に蒸し上げる温泉地ならではの料理法を用いて作られた燻製醤油。まんべんなく旨味と香りの深みが出るよう、その日の天候や気温によって、桜チップのバランスや燻製時間を変えておられる様で、薫香度合いも高めです。さすがは特産品!でも化粧品会社が作ってるんですね。すこし不思議。

https://amzn.to/2UGx5mZ

 僕も昔、別府で地獄蒸し料理を食べたことがあります。湯気に包まれて作るのですが、面白くておいしかったですよ!

もくもくの調理場。
生の食材を用意して。
蒸し上げます。
すると素材本来の味を引き出した地獄蒸し料理が完成します。野菜の甘みがおいしかった~!

 地獄蒸し燻製醤油は、地獄蒸ししたとは言えさすがに醤油ですので、野菜と違って甘みが増えている感じはありません。でも、香ばしさはしっかり載っているようです。

 以上が、僕の試した中なので少ないですが、おすすめの燻製醤油の御紹介でした。燻製醤油を使っておいしかった料理やこれから使ってみたい料理を最後に御紹介致しますね。

まずはド定番。たまごかけご飯。これは絶対やって欲しい。
燻製たまご。これは掛けるだけなら、切ってから黄身に掛けて下さい。愛知県の名物モーニング出すときにこれだけ剥きました。たくさんあると壮観ですね。
たまご繋がりで目玉焼き。そしてカレーに載っておりますが、実はカレーにも薫製醤油が合うのです。ソースよりもこっちが好きかもしれない。
寿司もおいしい。でもたまにやるくらいがいいかな。お寿司に燻製は要らないかもしれない。
寿司は駄目でも刺身はOK。理由が分からないけど、そう感じてしまった。
やってませんが、これも合うでしょうね。じゃがバター。これはイケるはず!
書いてて思いましたが、味が濃い料理の方がいいのかも。でも淡泊な味わいへのアクセントにもなります。
これはたらこスパゲティ。へたくそだな。
マリネみたいにオリーブオイルと一緒に掛けると一風変わったドレッシングにもなります。
スモークサーモンへ更に燻製醤油をかけるのもおもしろそう。
もやし炒め。鉄板にかけたらより香ばしくなるのかと思います。
炊き込みご飯のアクセントに。
最後にチャーハン。炒め物には合うと思うんです。

 あまり馴染みがない燻製醤油ですが、おいしくてたまにお取り寄せしています。日常の食卓に必須とは言えませんが、味としてはおもしろいですね。 でも、うちの周りだけかもしれませんが、市内のスーパーどこ探しても売ってないんですよ。カルディにはあるという情報もあるので、ショッピングモール行ったら寄ってみよう。

 よかったらお試し下さい!でも、塩分にはお気をつけ下さいね~

こういう配慮も大切。ありがたい商品です。
最後に!タイトルとは違いますが、これも大好きなんです。

よかったら、応援して下さい。


生活・文化(全般)ランキング

-食べ物

© 2020 たいしのブログ