食べ物

個人的にテンションの上がる、ビールのお供に最高な組み合わせ37選

好きな食べ物って嬉しくなり、テンションが上がる気持ちって、分かっていただけると思います。

大のビール党な僕が、これまで最高の組み合わせだったビールのお供に最高な組み合わせを振り返ってみました。

ビールに合う、テンションの上がる食べ物

酒の肴から御飯のおかずまで、37選ご覧ください。

赤ウインナー

嫌いな人いるのかな。安っぽくて何の肉使っているのか、分からないけど美味しいですよね。

ビールで流し込みたいです。

 

ローストビーフ!

ご馳走ですね。素直に嬉しい。ビールに合います。

 

牛ホルモン まるちょう

 

脂には甘みがあって、とても濃厚です。食感は弾力があって食べごたえがあります。

当然、油の塊ですので、ビールで洗い流す必要があります。

 

黒ごま担々麺

見た目のインパクトどおりにゴマ感が強いです。

後で他のラーメンも紹介しますが、香ばしいゴマの香りとビールの苦みが、相性抜群です。

 

お好み焼き・もんじゃ焼き

2つは別物ですが、お好み焼き屋さんともんじゃ焼き屋さんには、ビールが似合うと思いませんか?

言うまでもなくビールですね。

 

ジンギスカン

サッポロビール園のジンギスカンですので、ビールしか選択できません。

羊の臭みは感じませんが、多少のクセがビールと合うのです。

 

ピザ

ジャンクフードの時は、ビールしか飲んではいけません。

溶けたチーズとビールの相性は、創造してみるまでもなく、間違いない組み合わせです。

 

ピータン豆腐

少しだけ、紹興酒に出番を譲ってもいいかなと思えますが、序盤に出てきたら、安定の先発、ビールの出番です。

途中で頼まないので、ビールから変更する前になくなります。

 

ジャガバター

ホクホクのふかしたジャガイモとビールの冷たさは、相性抜群。

すぐに冷やせるので、熱いまま口の中に放り込みましょう!

 

親子丼

食事です。でも、玉子と鶏肉がごはんと混ぜ交ぜになった、状態のどろどろな口の中に放り込むビールは、口の中をリセットしてくれます。

次の一口の為にもビールが最適です。

 

鮎の塩焼き

塩梅よく振られた塩と薫り高い川魚は、冷酒の方が合うかもしれません。

でも、あえてビールにしてほしい理由は、鮎のほろ苦いワタの部分を味わって欲しいからです。

アユの塩辛である「うるか」となる内臓部分は、苦みの中にも旨みが閉じ込められていて、ビールの苦みとの相乗効果を楽しめます。

 

みそ煮込みうどん

夏でも冬でも、汗をかきながら食べたい一品。

濃厚な味噌に絡んだうどんを口に入れた時。

ダシのしっかり効いた味噌のつゆを口に入れた時。

どちらも、しっかりとビールの出番がやって来ます。

 

だし巻き玉子

ここは、少し熱燗に出番を譲ってもいいと思えます。

ダシのほんのりとした味わいに、ビールが最高なのですが、ダシと日本酒の相性も捨てがたいので、迷ってしまいます。

冒頭でなければ、日本酒もアリ!

 

そば

こればかりは、日本酒と焼酎に出番を譲ります。

基本的に口の中を洗い流す作業をビールに任せているので、日本酒や焼酎の方が、間違いなく口内調味がはかどります。

ビールも悪くないけど、1番手ではないかも。

でも、最初の1口は、ビールも全然アリ!

 

あん肝の酒蒸し

ビール!って言いたいところですが、焼酎か日本酒ですね。これは白ワインもアリ!

でも、お料理によっては合わないお酒があるのですが、ビールってどんな料理にも合うと思いませんか?

もちろんあん肝にビールも最高です!!

 

焼き餃子

譲りません。絶対にビールです。2番手を選ぶならハイボールかも。

こういう油っこいものにこそ、ビールの威力が発揮されるのです。

同様の理由で、ハイボールも圏内にはいりました!

 

イカのワタ鉄板焼き

ここに醤油落として、七味唐辛子振った日には、ビール以外の選択肢はありません。

あー、でもハイボールもありかも。後半に入ったら、焼酎の水割りも捨てがたいですね。

熱々を食べるなら、ビールです!

 

ほっけの開き

居酒屋の定番メニューですね。

こいつは、ビールと思わせておいて、実は何にでも合います。

序盤に頼んだら、ビールかハイボール。

中盤なら、焼酎水割りか冷酒でも熱燗でもよし。

終盤なら、迷うけど芋焼酎のロックを推奨します!

 

ぶた丼

多くは語りません。絶対にビールです。タレとの相性バツグン!

冷やし餃子

焼き餃子もいいですが、この冷やし餃子が優れもので、冷やしてあるのに油が固まった感じがしないのです。おまけに柔らかい。

夏の暑い日にこれ食べながら、ビール飲むと最高なんです。

 

唐揚げ・磯辺揚げ

絶対にビールです。

異論は認めません。

 

海老のお寿司

海老に限りませんが、お寿司の時のお酒って迷います。僕ならビールです。

ちょっとだけ、本音は、淡麗辛口の吟醸酒でスッキリ食べても二重丸。

油が載ってる魚なら、ビールがいいかな。これはちょっと日本酒に軍配が上がるかも。

 

ひつまぶし

そもそも御飯粒と一緒に酒を飲むのが間違っている気もしますが、ごくごく行きたいのでビールですね。

ハイボールので出番はありません。

 

ジェノベーゼのパスタ

パスタ食べるときまで、お酒飲まなくてもいいような気がしますが、この時もビール飲んでました。

だって、何にでも合うんですから。

 

エビ天ころうどん

うどん食べるときまで、お酒飲まなくてもいいような気がしますが、この時もビール飲んでました。

見えてますね...

だって、何にでも合うんですから。

 

みそ焼き

瓶ビールではないですね。生中、あれば生大で行きたいシーンです。

ガツガツ食って、グビグビいければ、幸せな気持ちになれます。

 

天津麺

アルコールの提供をしていないお店なので、お水で食べました。

文句はありませんが、飲むならやっぱりビールですね。

 

牛タン

牛タンって美味しいですね。

焼肉だと、まず最初に頼むこともあるので、最初に頼むビールとセットであるかのようです。

終盤で再注文するチャンスがあるなら...やっぱりビールかな。

 

ラーメン・ちゃんぽん

そもそも、ビール以外のお酒がおいていない場合もあります。

飲み屋じゃないからって理由もあると思いますが、ビールしか置いていないのは、ビールが一番合うからなのです。

個人的予想ですが。

 

焼肉

ビールにしておいた方が身のためだと思います。

マッコリという最強の好敵手が存在しますが、アルコール度数はそんなに変わらないくせに、翌日のひどさが計り知れません。

ビールとマッコリを割って飲むと以外と美味しいんです。やってみて下さい。

 

生牡蠣・牡蠣フライ

この2つ以外の牡蠣料理もおいしいですが、どこででも食べられる訳ではない生牡蠣と割と食べる事ができる牡蠣フライの2つを推します。

生牡蠣って、白ワインよりも日本酒の方が美味しいような気がします。ビールは大前提ですけどね。

牡蠣フライは、熱々をビールで流し込みたいベスト30に入ります。

 

カレーうどん

食事でも締めにも嬉しくなるカレーうどん。

やっぱりビール飲んでますね。

 

たません

ジャンクなおやつ。たません。地域が違う方は知らないですよね。

海老せんべいの上に玉子焼きの載せただけのものなのですが、ビールのお供に最高です。

これは、今思うと、テンションが上がって嬉しい一品。ビールが見えますね。

 

チャーハン

チャーハンって御飯ですが、最高のおつまみになります。

主食の御飯粒が、全部つまみに代わってくれます。

お水の様にビール飲みながら、食べたいですね。

 

ジャーマンハンバーグ丼

実は、これランチメニュー限定なので、ビール飲みながら食べたことがないんです。

名古屋市にある「ヒッコリー」ってお店の半生なハンバーグを載せた丼。

別メニューに「ジャーマンハンバーグ」ってのがあるんですが、鉄板に載っているから、段々と火が入ってしまいます。

なので、「ジャーマンハンバーグ丼」が最高!

いつか、ビールと一緒に食べてみたい一品です。

 

似たメニューに「ジャーマンロコモコ」があります。

これもいいのですが、勝手な好みで、ビール飲むときには、キャベツの千切りが不要の玉子焼きよりは、生玉子がいい!

なんて、えり好みしてしまいます。

食事で食べる分には、120点です!

 

スープカレー

カレーうどんもそうですが、カレーって美味しいですよね。

特にテンションが上がってしまったのが、スープカレー。

地域によっては、食べられるお店を見つけることすら困難です。

とびきり辛いの注文して、ビールで冷やしながら食べたいです。

 

しぞ~か(静岡)おでん

他の地域からしたら、少しめずらしいしぞ~か(静岡)おでん。

黒いスープ。串に刺してある。黒はんぺんが入っている。青海苔、だし粉をかける。駄菓子屋にもある。といった五カ条があるようです。

駄菓子屋でビール飲みながら食べてみたら、テンション上がって最高でした。また行きたい!

まとめ

かなり個人的な偏見と、ビールが大好きなことから、人を選ぶチョイスになっておりますが、メニューにあると嬉しくなるような好きな食べ物ってありますよね。

美味しいものばかり食べていては、健康にもよくないので、よく働き、よく運動して、よく食べて、よく眠るようにしましょう!

なかなかできませんけどね。

-食べ物

© 2020 たいしのブログ