エッセイ

止める選択肢があるタバコを吸い続けるのは、やはりその人の自由です

 タバコを止めてから7年くらい経つと思います。これだけ期間が経てば禁煙成功だと思いますし、禁煙したての頃は、他人の煙がかぐわしかった時期もありましたが、すっかりけむたくなって参りました。


 タバコを吸わなくなったら、たまに喫煙中の人を邪魔者の様に思ってしまいます。当人にはもちろん言いませんが、人間なんて勝手なもんですね。どうして吸い始めたか思い起こすと当時のストレス発散から吸い出したんだと思います。ホントに発散できていたかは別ですが。


 それでも喫煙中は、タバコという共通項で吸っている者どうしに一種の連帯感があった気がします。また、喫煙するときって場を抜けるいい言い訳にもなっていたんですよね。吸ってると落ち着くし、一息もつける。


 タバコには、そんないいところもたくさんあると当時は思っていたのですが、喫煙者の数が少なくなっていったのは、やはり受動喫煙みたいな吸わない方への健康被害の意識が高まったのとタバコ自体の値上げの影響も大きいんだと思います。


 僕もご多分に漏れず、家族への影響や喫煙者としての肩身が狭くなったこともあり、幸いにもあまり苦労もなく止めることができました。まぁ、何度か失敗してはいますけどね。


 そういえば、昔道ばたにタバコの吸い殻ってよく見かけましたけど、今ではほとんど見かけなくなりました。僕が吸っている頃は自分やまわりも携帯灰皿を持ってましたが、それでも吸い殻は落ちていた気がします。タバコを吸う人がいなくなるとは思いませんが、喫煙者が減ることは、吸わない人からしたらいいことしかないのかもしれませんね。


 タバコは嗜好品であるかどうかは、見方によっては違うという意見もあるようだけど、タバコは体によくないって思う側が、嗜好品ではないと言っている感じがします。嗜好品の意味は、辞書で調べればすぐ出てくるけれど僕の中では、やみつきになってよく摂取してしまうものがそれなんだと思う。


 正確な定義では、他の表現がもっとあるんだろうけど、自分で思いつく嗜好品は薬物は除外するとして、生きていく上で必ずしも必要としないのに楽しみの為に口にする物ってイメージです。


 自分が自分の責任で迷惑を掛けずに楽しむのなら、違法じゃない限り問題ないような気もしますが、世間の風当たりは厳しいですね。健康に悪くて寿命が減るような事は他にいくらでもあると思いますが、タバコは止めるという選択肢があるので、分かった上で吸い続けるって事は、やはりその人の自由なんでしょうね。

お酒飲みながらタバコ吸うのが、楽しかった頃もありました。

 

 

-エッセイ

© 2020 たいしのブログ