月別アーカイブ:2020年07月

Sharkを始めとした、手軽さバツグンの便利なお手軽掃除機3点

2021/1/29  

掃除機としての総合力は、コンセントから電源をとる一般的なホース付きの掃除機には、やはりかないません。でも、掃除するぞ~って構えないと、なかなか出して来られないのも事実です。目立つ所だけ掃除したい。「シャーク」は、かなり掃除がはかどります。

相続登記の時に、受け取れる相続財産の目安と所有不動産の調査方法

2020/12/13  

相続登記をする場合に、誰がどのくらいの財産をもらうかを決めなくてはなりません。その目安になる法定相続分と、名義を変更する不動産を漏らさないために、調査する方法についてまとめました。

最近知って思わず「なるほど~」って納得した何てことのない話5つ

2021/1/31  

自分のなかで当たり前になっていて考えもしなかったり、言われてみればそりゃそうだって思うものもたくさんありますが、一番最初に思いついたり、実行に移す方々には脱帽致します。

公文書と私文書を組み合わせた相続登記に必要な相続人確定作業の仕方

2021/1/29  

被相続人の財産を受け継ぐ相続人が誰であるのかは、自分が相続人だと、ただ主張しても認めてもらえません。戸籍や除籍といった公文書による証明書や、分配方法が記載された遺言書や遺産分割協議書などで証明しなくてはならないのです。

言葉一つで評価を下げる?使い方に気をつけたい表現10選

2021/1/29  

日本語って難しいですね。言葉の使い方で好印象を与えたり、人物の評価も変わってしまいます。もしかしたら、日常的に使っているかもしれない、気をつけたい日本語を10個まとめてみました。

登記の役割や効力と相続登記のパターンや所要時間

2021/1/29  

相続登記について、登記をするとどんな効果や恩恵があるのか。また、相続登記の類型を大まかに分け、それぞれの所要時間についてまとめて見ました。

練習場シングルの原因はメンタルかも!?ゴルフが上達できない理由

2021/1/31  

ゴルフをする方にとって、少しでも上手になりたいのは、共通の気持ちだと思います。でも、現実はそんなに甘くないので、そんなに簡単にいきません。技術的な面も大切ですが、それ以上にメンタルが大きくかかわっているのです。長く楽しむ為に、気楽にやりましょう!

相続登記の基礎知識と相続登記をしなかった場合にどうなるか

2021/1/31  

「相続登記」とは、不動産の所有者が亡くなったときに、不動産の名義が変わったことを国に登録することをいいます。もし相続登記をしないで放置しておいた場合にどうなってしまうのか、まとめてみました。

オフィスや外出先で長年使って役に立っている便利グッズ10選

2021/1/29  

仕事で実際に使ってみた、オフィスにあったら便利なグッズを御紹介します。定番のモノから裏技的なモノまでありますが、仕事が結構はかどるのです。

登記って何?相続登記を自分でするメリット・デメリットとその方法

2021/1/31  

亡くなった方の名義は自動的に変えてもらえません。自分で手続きをする必要があります。その中でも不動産の相続登記は、形式が決まっていて書類もたくさん必要なので、結構やっかいです。自分で相続登記をする場合のメリット・デメリットをまとめてみました。

【お酒好き・ズボラ限定】Amazonで買ってよかったオススメ商品

2021/1/29  

実際に買ってみてたものをピックアップしてみると、お酒に関係するものや楽チンになる様なズボラグッズばかりでした。でも、これがどれもオススメできる物ばかりだったのです。

驚きの保温力を誇るサーモスのオススメ商品5選!かなり男子向けです

2021/1/31  

魔法瓶のグローバルメーカー、サーモス。その性能は使った人にしか分かりません。驚きの保温力で、いつまでも冷たく、いつまでも熱いのです。超オススメです!

戸籍を中心とした相続証明書で相続人が誰であるのかを証明する方法

2021/1/31  

亡くなった方の相続人が誰であるのかが分からないと、名義変更を取り扱っている役所や金融機関も取り扱ってくれません。相続を証明する書類には、戸籍の他に色々とあるのです。

チッパーでスコアアップは恥ずかしい?そのプライドが原因なのです

2021/1/31  

ゴルフの上達を妨げる要因はいくつかありますが、プライドもその1つです。チッパーを使えるくらい柔軟なこころがあれば、他のこだわりを捨てることができるかもしれません。ゴルフは気持ちです。お守りとして、1本バッグに入れてみてはいかがでしょうか?

相続人の人数が変わるかもしれない代襲相続と生活を保護する遺留分

2021/1/31  

先に亡くなった親に代わって子が相続する代襲相続。この制度があるかないかで相続人の人数が変わります。また、遺産の取得を最低限保証した遺留分でさえ、得られなくなる場合もあるのです。

© 2021 たいしのブログ