エッセイ

トイレに人感センサーのLED電球を付けたら、かえってイライラした

    誰もが共通して一日に何度も入る場所ってトイレが一番多いのではないでしょうか。子供の頃は和式ばかりだったけど、最近では逆に探す方が難しい場合もあります。公園のトイレも洋式便所が増えて来たように思いますし。ここ10年は、僕も和式トイレを利用した事がないんじゃないかな。

 ウォシュレットも珍しかったけど、今では普通にどこにでもありますね。お酒を飲んだ翌日は、おなかがユルくなってしまうので本当に助かっています。普及されたTOTOさんには感謝しかありません。過去には和式用のウォシュレットもあったそうですが、当てるのが難しかったのと洋式トイレの普及でなくなったそうです。ちょっと初使用で成功させる自信はないですね。今では流石にもうやりませんが(やりたくありませんが)、若い頃自分の定量も分からずに飲み過ぎて、便器にしがみついてトイレから出られなくなったこともありました。あれは、苦しいですね。

 前にお風呂について書いた回で、お風呂は快適なスペースの1つだなと思ったのですが、清潔さがあってのことですけど、トイレもある意味そうかもしれません。トイレに篭もる人も結構いるようです。

 さて、うちのトイレはどうかと思い起こしてみると、あまり快適ではないかもしれません。その理由は換気扇がないことに尽きます。いくら家族とはいっても前の人のにおいが残っているとやっぱり嫌なもので、自分の後も気にしてしまいます。ここを改善しようとすると工事が必要なので、中々思い切れておりませんが、最近少しだけ快適になった事があります。それは、家電屋さんに行ったときにふと目に留まったの人感センサー付きのLED電球でした。

こんなやつです。

 
 LED電球って出始めた当初より随分と安くなってるんですね。人感センサー付きを1500円位で買えてしまいました。で、早速取り付けてみましたら、中々優れもので、入った瞬間付いて出てからしばらくすると消える。商品からしたら当たり前の機能に感嘆致しました。これで子供達の消し忘れにイライラしないでも済むなんて思っていたら、今度は逆に消してあることにイライラしてしまう様になりました。付くと思って入ったら、スイッチ切ってあるじゃん!って感じです。人の習慣は部品を交換するように簡単ではないですね。

 そう言えば、昔ちょっといいホテルに泊まった時や海外に行った時に何か分からなかった物がありました。

普通ありませんよね。

 

 調べてみるとビデというので、ウォシュレットにも同じ名前のボタンが付いているから女性が使うものかなって思っていたら違うんですね。デリケートゾーンを洗ったり足を洗ったりするのに使用するそうです。他にも人によって色んな用途があるみたいで、洗面台の延長とも思うと基本的に家が狭い日本での普及は難しいかもしれませんが、確かに便利かもしれません。夏とか気軽に足を洗いたい時ってありますから。

 

 取りあえず今年の目標はトイレに換気扇を付けてみようかな。

 

よくサボっちゃう猫のトイレ

-エッセイ

© 2020 たいしのブログ