商品

手軽に燻製コンパクトスモーカー|小さくても高性能!

 とある回で燻製醤油をご紹介しました。手っ取り早く燻製を味わえる醤油なのですが、専用の大きな器具を持ち出さなくても卓上のボトル1つで燻製が味わえる優れものなのです。

 でも、そうは言っても本家本元の燻製には風味的に及びません。実はその及ばない具合がいいのですが、何とか手軽に燻製を作れないものかなと思ってAMAZONを検索していたら、同じようなことを考える人はいるもので商品化されておりました。

 で、早速購入したのがBKLN DINERのコンパクト スモーカー。4500円。お手頃なお値段なのでしょうか。あまり他に商品を見ないので値段感が分からない。

https://amzn.to/2JEtAIv

開封

 発注の翌日到着。AMAZONプライムと宅配業者へ感謝。で、早速開封し試してみました。

サイズとかあまり見ないで注文してしまいましたが、来てみてその小ささにビックリ。箱も15㎝位じゃないかな。

本体は高さが11.5㎝。もの凄くコンパクト。正に商品名どおりです。

チップを載せるフィルター部分を外すとファンが出てきました。

裏は電池が入る部分で単三電池2本です。家によくあるサイズの電池で余計にお手軽。

こんな構造です。
やり方も書いてありました。

今回の食材

 今回準備したのは、鮭の刺身。これをスモークサーモンにしようと買ってきました。以前のブログでご説明しましたが、燻製の種類には冷燻法、温燻法、熱燻法の3つがあって、このコンパクトスモーカーは、熱が全く入りませんから冷燻法になるのですが、当然日持ちがするような燻製は作れません。

 本来はソミュール液に漬けてから、ある程度乾燥させて燻すのですが、お手軽さを求めているので一切やりません。というかめんどくさい。この工程を楽しむようになれたら、本格的な燻製に走ってしまうんだろうなぁ。

ボウルに敷き詰めました。

点火・燻煙

今回はヒッコリーのチップを選択。
火を付けます。
火を付けました!

上から下へ火を付けるので、当然なかなか火が付かないな~なんてやってたんですが、スイッチを入れたら、空気が一気に吸い込まれ明るく燃えだしました!

控え目なスイッチ。

すると...

火が付かないな~、なんてやってたからこんなに勢いよく煙が出るとは...

一気に煙がチューブの先から吹き出し、台所が煙まみれに!急いでラップでボウルを覆い、窓を開け換気扇を付けます。火災報知器が鳴る前に何とか間に合いました。

ボウルに煙が充満していきました。

説明書には15分から20分程度と記載してあったのですが、AMAZONのレビューを見ると中々香りが定着しなかった記述もあったので、30分以上放置してみました。

食べてみました

スモーク完了!
色の変化が全くありません。

 少しくらい色が付くかなと思ってましたが、写真でも肉眼でも違いが全く分かりませんでした。でも若干暗くなったかな。で、実際に食べてみたところ...

 口の中に溢れるスモーキー感!口に入れた瞬間、うわ、これ凄いってなりました!!凄いなぁと感動して噛んでいると、あれこれ凄過ぎない。ちょっと方向性が違うぞ!?となって来ました。

 どう表現したらいいのでしょう。ホントの煙を吸っているような感覚。香ばしい燻製というよりは、煙喰ってる感覚。煙感が強すぎました。これには家族も閉口。正直風味が強過ぎてサーモンの味を楽しむどころではなくなってしまいました。

 あー器具まで買って失敗したなぁなんて思いながら、マヨネーズを付けてごまかすかって食べてみたら、これが当たり!マヨネーズのまろやかさが行き過ぎた煙感を包み込んでくれて、お!これいいじゃん!!ってなり、最高のお酒のつまみへと変化したのです。僕の好きな酒の肴はサラミですが、更に家飲みが楽しくなりそうです。

 こうなってしまったのも、ちょっと燻製時間が長過ぎたのかもしれません。説明書に記載してあることは、ちゃんと守るものですね。過ぎたるは及ばざるが如し。燻製醤油のような風味付けだけで満足しているライトスモーカー?(そんな表現あるのか!?)な僕にとっては、もっと短い時間で少しだけ燻すくらいで充分かもしれません。

新たな試み

 成功か失敗か分からないこのスモークサーモンもどき。折角作ったのでもう少し変わったことを試してみようと思いました。燻製の燻製醤油がけ。

安本産業さんのくんせいしょうゆ

 冒頭にも書きましたが、燻製醤油のことをブログで御紹介致しました。

 この回ではまだ試してなかったのですが、東急ハンズで山本産業さんのくんせいしょうゆが売っていましたので、買ってみたんです。700円ほどでした。通販じゃなく店頭で販売されている燻製醤油を初めて見つけました。でも、この1点しか売っていなくて他のメーカーの燻製醤油はありませんでした。世間でスタンダードになれないのは、やはり燻製が一般向けではないからかもしれない。というよりは、ご飯のおかずになりにくいからかもしれない。

http://www.tsutsu-uraura.jp/shopdetail/000000001256/soysauce/page2/order/

ラベルの裏に用途が書いてあります。試してみなくては!
なかなかそそりますね。
メーカーで製法が違うんですね。

 このくんせいしょうゆ、前回御紹介できませんでしたが、これまた薫り高い。嫌ほど味わった煙感とは違う!いや、これ、けっこう僕の中で上位にランクイン!!

 このくんせいしょうゆで煙感抜群のスモークサーモンもどきを再度食します。

燻製にくんせいしょうゆのコラボ。

 煙感がやわらぎました。不思議です。足すんだから強まってもいいんでしょうが、相乗効果で香りが程よいところに収まってる!よかった。ここに来てやっと酒の肴でしか食べられなかったこのスモークサーモンが、ご飯のおかずとして機能し出しました。

今後の試み

 いろいろ長々と書いてしまいましたが、今後もこのコンパクトスモーカーは活躍してくれそうです。なによりお手軽なのがいいですね!また何か作ったら成功でも失敗でも御報告致しますね~

 とりあえずカマンベールチーズやプロセスチーズで試してみたい。少し前に書いたジャーキーメーカで作ったビーフジャーキーなら、絶対に成功する予感がする。壊してしまったけど、また買ってしまいそうです。

 牡蠣もいいかもしれない。フライパンで水分飛ばしたらのスモーク。やりたくなって来ました。先日牡蠣食べて来たばかりなので気持ちが寄ってしまいます。牡蠣も最高の酒の肴だなぁ。

人気ブログランキングに参加しています。よかったら応援してくださいね。


人気ブログランキング

-商品

© 2020 たいしのブログ