起業の雑学

スポンサーリンク
起業の雑学

ツイッターDMに注意!副業詐欺が多いSNSで安全に楽しむ予防策

SNSをしていると、よくダイレクトメールをいただきます。自分の投稿を見てくれてるんだと嬉しくなりますが、騙そうとして近づいて来ているのかもしれません。便利に使えるツールが多い今の世の中ですが、便利に使われないためにも自己防衛が大切です。
起業の雑学

出会い系だけではない、サクラサイト商法の詐欺被害と手口と対処法

便利なサイトもサクラや業者が紛れていて、思わぬトラブルに巻き込まれることもあります。安易に個人情報を漏らすと大変危険です。
起業の雑学

消費者被害が加害者側に!儲かるマルチ商法?ねずみ講との違いとは

人間関係をお金に換えてしまうマルチ商法。頑張って商品を売っているという気持ちが、後ろめたさを感じさせなくさせるのです。気が付くと周りに誰もいなくなっているかもしれません。
起業の雑学

流用注意の顧客情報!不正取引防止法では、秘密保持が重要です

前職のノウハウを利用して、自身の事業発展に使いたいところですが、どんな経緯であれ、お世話になっていた企業を妨害するようなことは、避けた方が賢明ですね。
起業の雑学

誤解がなければ必要ない消費者契約法ですが、悪い業者もいるのです

事業者から提供された情報をしっかりと確認し、契約内容の理解をしてから契約していれば、後から取り消す必要は生じません。でも、中には悪い事業者もいるので注意が必要です。そんな事業者から消費者を守ってくれる法律が「消費者契約法」です。
起業の雑学

特定商取引法と守られている消費者がクーリングオフできる場合

悪質な事業が行われないように定められた特定商取引法ですが、中には困ったお客様もいて、法律の規制を上手に使う方もおられます。消費者への保護は手厚いですが、事業者になると守ってもらえません。知らない内に事業者側になっていたって場合もあるので、注意が必要です。
起業の雑学

お互いの関係性を保ちつつ取引を円滑に運ぶ解除条項の定め方

簡単に契約を解除できると、自分だけでなく他の取引先にも影響を及ぼします。とは言え何があっても契約解除ができないのも困りものです。お互いの利益を考慮しながら解除できる場合の落とし所はどこにあるのか解説致しました。
起業の雑学

リスクを回避するために備えておきたい契約条項とマネジメント

契約書に定めておかなくても、民法や商法に紛争処理の方法が規定されています。とは言え、ケースバイケースで個別に決めていかないと思わぬ損害を被る虞もあるのです。
起業の雑学

契約書や合意書の違いと押さえるポイントやリーガルチェックの必要性

契約書をチェックする場合、押さえておかなくてはいけないポイントがあります。肝心な条項が抜けていると、トラブルになった時に作った意味がなかったなんて事にもなりかねません。
起業の雑学

口約束も契約になる?契約書の作成管理がリスクヘッジの第一歩です

事業を始めると何気ない活動が、契約行為であることが多いです。軽い口約束でも契約が成立することはありますので、契約書を正式に交わすことがリスク管理の第一歩になるかもしれません。
起業の雑学

起業時は取締役1人でOK!株式会社の運営の仕組みと組織構成

株式会社には、色々な役職や組織を構成しないといけません。原則として必要な組織構成も、株式譲渡に制限を設ければ、かなり簡素化することができるのです。
起業の雑学

取引にも使われる「株式」元々は会社が資金を集める仕組みです

投資の対象として取引される株式ですが、上場していない会社でも資金集めの為に発行されます。その種類もたくさんあって、約束事も多いのです。
起業の雑学

会社経営のルールを定めた「会社法」健全経営の為に知識は必要

社長として健全に会社を経営していくためには、ある程度法律の知識も必要です。会社経営のルールを定めた「会社法」について解説致します。
起業の雑学

商人の責任が重く規定されている商法の規定|寄託を例に説明します

一般の取引よりも商売での事業取引の方が、商人側に重い責任が課されています。一般の顧客側でないときは、どのように責任が重くなるのか、物を預ける場合「寄託」を例にあげて解説しました。
起業の雑学

起業する経営者が最低限知っておくべき「商法」を簡単に解説しました

第Ⅱ編「商法、会社法の基礎」の第1回目は「商法」です。六法の中の一つで、事業をしていく上で揉めた場合には、ここへ立ち返ることになります。膨大な商法の初歩の初歩だけご説明致します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました